スキントーンとファンデーション

自分の肌に似合うファンデーションを見つけるのに苦労しているなら、あなたは一人ではありません。

スキントーンとファンデーションについて、混乱と誤解を招くような情報が世界中にたくさんあります。

これは複雑なトピックです。

いくつか考えを明確にしたいと思います。

そのために、最初に実際にどのような色の肌があるのかを議論します。

スキントーン

全ての人のスキントーンはオレンジです。

おかしく聞こえますか? しかし真実です。

人のスキントーンは、オレンジの様々な種類です。

上の図でわかるように、彩度の高いオレンジはスキントーンのように見えませんが、彩度が下がるにつれてスキントーンの様になります。

私たちは通常、明度に応じてこれらの色をベージュや茶色と呼びます。

そして、この低い彩度では、明るい色から暗い色まですべてスキントーンに似ています。

よって、スキントーンの色相はオレンジです。

 
スキントーンの彩度は低いです。

スキントーンの明度は、低~高です。

明度は、ファンデーションを探すときにほとんどの人が理解するものですが、色相と彩度はあまりよく理解されていません。

色相

上記のオレンジだけが唯一のものではありません。

他にもオレンジの色相の範囲内の色はあります。

下の図では、上で見た色相に加えて、黄色がかったオレンジと赤いオレンジが見えます。

それぞれの低彩度色は、人のスキントーンの範囲内です。

人によってスキントーンが比較的黄色であったり赤である(明るい肌ではピンク色)という事実は、私たちが皆耳にしているファンデーションのアンダートーンを生み出します。

ほとんどの化粧品会社は、黄色のアンダートーンをウォーム、赤/ピンクのアンダートーンをクールと表現していますが、会社によっては違うこともあります。

黄色や赤/ピンクのどちらでもない、中間のどこかにあるアンダートーンは、通常ニュートラルとして記述されています。

 
色彩分析の観点からは、これらの記述はどれも正確ではありません。

あなたのアンダートーンがウォーム(True Spring・True Autumn)の場合、必ずしも黄色を基調としたファンデーションを使用する必要があるとは限りません。

ウォーム・ニュートラル・クールの黄色があるのと同じように、ウォーム・ニュートラル・クールのスキントーンもあります。

そして同じことがピンクや赤のアンダートーンにも当てはまります。

ウォームの黄色の肌はよりオレンジがかった黄色に見えますが、ウォームのピンクの肌はピーチまたは橙色に見えます。

どちらの場合も、色はよりオレンジに見えます。

 
クールな肌は逆にオレンジに見えません。

クールの黄色の肌は比較的黄色で赤が少ないです。

クールな赤やピンクの肌は、比較的赤が多く黄色が少ないです。

彩度

スキントーンは彩度が低いことを確認しました。

しかし、スキントーンの範囲内において、彩度が比較的高いまたは比較的低い肌があります。

最初の図から高彩度の範囲を削除し、低彩度の範囲を広げると次のようになります。

お分かりのように、ある明度で3つか4つのあり得るスキントーンがあり、その3つか4つの色の間の違いは、彩度が低いか高いかです。

これが女性が似合うファンデーションの色を見つけることを困難にし、またあるファンデーションの色がなぜ似合わないのか理解することを難しくしていると思います。

 
あなたのスキントーンが下記の色だとします。

 
あなたはファンデーションを探しています、そして美容部員は上記の色を提案します。

 
これらは似たような色です。 それは全く同じ色相(黄橙色)と同じ明度(中程度)を持ちます。

違いは、スキントーンの彩度がファンデーションの彩度よりわずかに低いことです。

ファンデーションは、あなたの肌と比較して、色がカラフル、オレンジが多すぎるように見えます。

しかし、より黄色にしても、赤にしても、明るくしても、暗くしても似合いません。

より、彩度を低くする、よりグレーにすれば似合います。

多くのブランドでは、彩度の低い色を見つけるのに苦労するでしょう。

あなたの肌に似合うファンデーション

自分の肌に最もよく合うファンデーションを見つけるために、どのようにこの情報を使えば良いの?

自分が12トーンのどれに属しているかによって、合うファンデーションを推測できるの?

 
同じトーンの人々の間にはいくつかの共通点がありますが、単にトーンのタイプによってのみスキントーンを知るのは難しいです。

スキントーンのバリエーションが多すぎるからです。

たとえ私たちが自分のスキントーンを知ったとしても、化粧品会社はその情報を有効に用いるためにファンデーションの情報を持っていません。

 
たとえば、中程度の明度、ニュートラル-クール、黄色のアンダートーン、比較的低彩度のスキントーンだと知っても、ファンデーションに関する情報が存在しないため、どのファンデーションに適しているかわかりません。

よって、実際の肌に多くのファンデーションを試してみて、最も似合う色を見つけるのが良いでしょう。

スキントーンの複雑さを理解しておくことで、自分に最適なファンデーションを絞り込むことができます。

スキントーンのバリエーション

上記のスキントーンの説明では、重要な変数を省きました。

スキントーンは人によって異なりますが、一人の人の間でも異なります。

お腹と脛の肌を比較してみてください。

ほとんどの人にとって、お腹はピンク色か赤く、脛は黄色くなります。

スキントーンは場所によって異なります。

それはあなたの顔に特に当てはまります。

 
あなたの頬と特に唇は他の部分よりもピンクまたは赤色になります。

あなたの目の下は、色が濃くなったり、緑色、紫色、白色になったりします。

人々によって違います。

こめかみはより緑色です。

 
表面の赤みは顔に非常に一般的ですが、場所はさまざまです。

ほとんどの人は鼻孔の周りが赤く、ある人は顔の真ん中が赤く、または頬や顎に赤みがあります。

この表面の赤みは、肌のピンクや赤のアンダートーンと同じではありません。

表面の赤みは環境条件や健康状態によって変化し、より局所的に現れます。

ピンク、赤のアンダートーンは肌本来のもので、健康的で自然な肌色のように見えます。

 
色素沈着は顔全体で変化することがあり、黒皮症、色素沈着過剰、加齢斑はすべて皮膚内のメラニン分布の不均一の結果です。

喉の色は、顔や体より薄いことがよくあります。なぜなら、それは顎によって太陽から保護されているからです。

 
さて、問題は、肌のこれらすべてのバリエーションを考えれば、どのように肌に合う単一のファンデーションカラーを見つけるのか、です。

 
肌が正常で自然な場合でも、なぜファンデーションが必要なの?

肌が肌のように見えるために必要なの?

素晴らしい質問です。

ファンデーションの目的

ファンデーションの目的について話すことから始めましょう。

それはスキントーンを均一にすることです。

皮膚の変化は通常あり得ますが、皮膚の色の過度の変化や突然の不連続性は、体調不良の兆候である可能性があります。

大人の肌は、完璧な肌をしている子供たちに比べると多少の各部分の変化は見られますが、高齢者よりも少なく、病気の人よりもはるかに各部分の変化は少なく、互いにスムーズになっています。

さて、あなたがパーソナルカラー分析をしたことがあるのなら、不調和な色が肌が欠点のように見え、そして異なる領域に見えるようになるのを知っているでしょう。

 
調和のとれた色は、逆に、スキントーンがお互いにスムーズに見え、まとまった全体として見えます。

あなた自身の色に合う色を身に着けることが、あなたを若く見せる理由の一部はこれです。

それが、ファンデーションが行うべきことなのです。

 
ファンデーションを使用することを選択した場合、変化の全くない肌は自然にも健康にも見えないことに注意してください。

そのため、フルカバレッジファンデーションは通常マスクのように見えます。

ほとんどの人にとって、中程度のカバレッジがより良い選択肢です。

ファンデーションは傷やシミをカバーすることを意図していません。

それはコンシーラーの役割です。

ファンデーションテスト

過度の発赤、色素沈着、シミのない肌の領域でファンデーションを合わせてください。

簡単でしょ?

 
これにはちょっとした芸術があります。

発赤を避けることは通常、鼻や顎を避けること、そしてしばしば頬を避けることを意味します。

顎の側面は、テストに適した場所です。

 
より多くの肌を露出させる夏にテストするならば、顔と体を似た色にするために、体の色を代表する場所を探しましょう。

胸部の赤みがそれほど多くない場合は、胸部はテストするのに最適な場所になる可能性があります。

 
冬の場合、肌をどの程度露出させるのかをもう一度考えてみましょう。

顔と首だけを露出させるなら、ファンデーションが首に溶け込むように首の側面でテストしましょう。

ただし首は顔に比べて淡すぎることもあります。

 
冬と夏では異なる色合いのファンデーションが必要になる場合があります。

季節を移行するときに、ファンデーションを組み合わせて完璧な色合いにすることができます。

 
非常にそばかすのある肌でテストするのは難しいかもしれません。

最良の色は通常、肌のトーンとそばかすの色の違いを明確にします。

テストするときに目の焦点を外すと、ファンデーションの色がどのように調和するかを確認するのに役立ちます。

 
手の甲は、テストにぴったりの場所であることはほとんどありません。

疑わしい場合は、あなたの顎の側でテストしてください。

ファンデーションテストの方法

まず最初に、あなたにとって合うと思われるファンで-ションをいくつか見つけましょう。

上記で特定した領域に、各色を縞模様に塗ります。

 
外窓のない店にいる場合は、ファンデーションの色を確認するために外に出る必要があります。

あなたの肌の中に消えるものが最も合うものです。

 
そしてこれは重要です、あなたの顔全体にそのファンクションを塗りましょう。

テストを決定的なものにしないでください。

ファンデーションテストに合った適切な領域を見つけるために最善を尽くしましたが、それを全面的に適用することによってのみ、色が実際にどれだけ優れているかを確認できます。

 
完璧な一致はあなたの肌のように見えます。

それは健康に見え、そしてあなたの肌の他の部分とよく調和するでしょう。

 
良いファンデーションを見つけたと思うならば、購入する前に数時間それを着け続けることが必要です、なぜならファンデーションが時間とともに(酸化によって)色を変えるからです。

 
テストしたファンデーションが完璧でなければ、それがあなたの肌と比較してどうなのかを下記の1つから選びましょう。

緑、黄、オレンジ、赤/ピンク、紫、灰色、薄い、暗い

 
あなたのすべきことは、テストしたファンデーションよりも補色または暗さをより多くを持っている別のファンデーションを見つけることです。

緑:ピンク

黄色:紫

オレンジ:灰色、または明るい

紫:黄色

灰色:鮮やか、または暗い

薄い:暗い

暗い:薄い

 
試行錯誤する必要があるかもしれませんが、このプロセスを使用して、十分なファンデーション試すことができると、健康的で美しく見えるものに絞り込むことができるはずです。

未分類

Posted by colory