サイアート:トーンの12分類の理由

12トーンよりも多くのトーンが存在する可能性はあるの?

 
もちろん、12トーンをさらに細かく分割することもできますが、色の領域は広大です。

理論的には、パーソナルカラーシステム内に数百の異なるトーングループを作成できます。

しかし人の視覚能力には限界があり、トーンの色相の違いがわからなければ、その分割方法は役に立ちません。

 
SpringとAutumnを組み合わせたトーンがあると思うけど・・・、2つともウォームだし

 
既存のトーン間にスペースはあるの?

例えばClear SpringとDeep Autumnの中間のトーンとか

 
色空間の一部を見落としてる可能性はないの?

例えばDeep Clear Winterとか

 
これらの質問に答えるために、私たちはもう一度第一の原則に戻らなければなりません。

サイアートシステムの原則

サイアートシステムは、後年の芸術家とKathryn Kaliszによって長年かけて定義され、洗練されました。

12トーンのそれぞれは、色の3つの軸との全体的な関係に基づいて、一貫した調和のとれた特徴を持ちます。

色の3つの軸とは明度(明るさ)、彩度(鮮やかさ)、色相(赤、黄、青など何色か)です。

 
色空間は、無数の方法で任意に分割できます。

しかし、これらの本質的な色の特徴に細心の注意を払うことに基づく自然主義的な調和と恣意的考案の回避は、サイアートの際立った特徴と目的です。

サイアートは、色が自然に振る舞う方法に基づいており、この原則を尊重する方法で色を体系化しています。

色の明度は、明るい、やや明るい、中程度、やや暗い、暗い、と分類できますが、1つの色の明度はいずれか1つの値を持ち、複数の値を持ちません。

色の彩度も同じで、1つの色は1つの値しか持ちません。

最後に、カラーホイールの周りを移動するにつれて、色はウォーム、クール、ウォーム、クールへと変化し、サイアートのトーンの進行は常にこの物理的な規則を尊重します。

 
「トーン間のトーン」の問題を検討するときに、これらの点を考慮します。

明度と彩度を変更すると、予測可能で一貫した方法で色が変更されます。

また、一連の変化は非常に異なって見える可能性があり、それらは同じ色相から生じるものとして直感的に認識できないかもしれません。

さらに、与えられた色相の明度、彩度を変えることによって達成することができるものについて物理的制限があります。

 
色相が異なると、それぞれ異なる明度で最も高い彩度が得られます。

たとえば、黄色は高い明度で彩度が最大になります、青は低い明度で彩度が最大になります。

これらは、不可避である固有の特性です。

 
次の図は、ある色相について、彩度と明度を変更しています。

見てわかるように、黄色を高い明度+低い彩度にしたり、高い彩度+中程度の明度にすることはできません。

最も明るい黄色は明度が高く、暗い黄色は彩度が低くなり、「オリーブ」と呼ばれる色に似ています。

鮮やかで暗い黄色は物理的に不可能です。

そして図の下の方の色は「黄色の色相」に属しますが、私たちはこれらの色を、通常連想される「黄色」と直観的に関連付けないでしょう。

サイアートでは、色は自身が持つ3つのパラメータの相対位置に応じてトーンごとにグループ分けされます。

これが、トーン間で「共有」または「重なり合う」色がない理由です。

色は、色相、彩度、明度に基づいて固有の場所を持ち、単純に2つのトーンに同時に配置することはできません。

サイアートシステムは、マンセルツリーからの単純な選択によって開発されていないことに注意することが重要です。

Kaliszは、各トーングループのパラメータを定義し洗練するために、色のフロー(ウォームカラーとクールカラーの循環)が自然にどのように行われるかについての知識、減法混色の深い熟練、人が光をどのように知覚するかについての理解を使用しました。

Light SpringとSoft Autumn

それでは、Light SpringとSoft Autumnの例を見てみましょう。

どちらもウォーム-ニュートラルで、それぞれ春タイプと秋タイプの中で最も明るいトーンです。

 
これら2つのトーンの間に「Light Soft Autumn」または「Soft Light Spring」と呼ぶトーンがあるの?

私たちは視覚的にそのようなことを実証することができるの?

 
Light Springは、他の春タイプや冬タイプに比べて比較的明度が高いですが、彩度は低く、色相はウォーム-ニュートラルです。

Soft Autumnは、彩度が中程度で、ウォーム-ニュートラルの色相を持ちながらよりソフトです。

Light SpringはSoft Autumn比較すると、明るく、彩度が高いです。

これらはそれぞれのトーンの本質的な特徴です。

 
Soft Autumnはソフトな金色と非常にソフトなオレンジ色を持ち、Light Springは、鮮やかな黄色と、鮮やかで明るいオレンジを持ちます。

どちらもオリーブと彩度の低いウォームグリーンを持っていますが、Light SpringのこれらはSoft Autumnのこれらよりも比較的高い彩度と高い明度を持っています。

 
色空間におけるこれらの選択はランダムでも任意でもありません。

トーンの中で調和のとれた関係を与えるようにこれらは非常に慎重に定義されました。

先に述べたように、トーンの限界を超えて明るい色を大幅にソフトにしたり暗くしたり、またソフトカラーを明るくしたりすると、色は常に物理的規則に従って移動するため、別のトーンに移動します。

これら2つのトーンが実際に共有している唯一の性質は、ウォーム-ニュートラルの色相です。

2つのトーンの彩度と明度は反対です。

Light Springは彩度が高く、明度が高く、Soft Autumnは彩度が低く、明度は中程度です。

2つのトーンの混色

あるトーンのウォームカラーまたはウォーム-ニュートラルと、別のトーンのウォームカラーまたはウォーム-ニュートラルを混ぜるとどうなるの?

(混ぜる2色は同じ色相の色 – 例えば、別のトーンに属する赤と赤、黄色と黄色、青と青など – を想定しています)

 
答えは、比率と最終的な彩度に応じて、既存のウォームまたはウォーム-ニュートラルのいずれかのトーンに収まるように、2つの色の混色または平均色になるということです。

減法混色を用いた家庭実験では、構成顔料を詳しく理解する必要があります。

なぜなら実際には、吸収され反射される光の周波数の意味で塗料と粉末顔料の色が「純粋」であることはめったになく、組み合わせると予期しない結果を引き起こす可能性があるからです。

これを適切に管理できる専門家以外の者はほとんどいません。

Kaliszはそれのマスターでした。

 
本質的に、ウォームとウォーム、ウォームとウォーム-ニュートラル、ウォーム-ニュートラルとウォーム-ニュートラルを混ぜるとき、新しい情報は全く追加されません。(2つの色の混色または平均色になるだけ)

一方、ウォームカラーとクールカラーを混ぜるとニュートラルカラーになります。

これがKaliszの洞察の重要な点です。

したがって、色相が変化するにつれて、トーンはウォーム、ウォーム-ニュートラル、ニュートラル、クール-ニュートラル、クールと自然に変化します。

 
サイアートには説明できない色空間の領域はありません。

色の他の特性(彩度・明度)が、可能なことに独自の本質的な制限を課すためです。

そのため、サイアートが「Light Soft Autumn」として分類する色はありません。

Soft Autumnにはもちろん明るい色がありますが、これらはLight Springトーンに属するのに必要な明度と彩度は持っていません。

両方からの色をまとめることは確かに可能ですが、この任意のグループ化の結果まとめられる色はそれほど調和的ではありません。

未分類

Posted by colory