12トーン:基礎

現代のマンセルシステムでは、色はその性質によって次の3つの側面に分類されます。

・色相(色合い)

・明度(明るさ)

・彩度(鮮やかさ)

色相

色相は単にそれが何色であるかを意味します – 青、緑、赤、黄色など。

これらの色相は黄色または青、あるいはその両方の色調を持つことができ、それが色の温度(temperature)です。

 
光の温度は私たちが周りの世界を理解する方法の一つです。

光の温度は、朝の黄色から昼の黄色、午後の黄色に変わります。

また、夜間の光(月と星からの光)は青みがかっていると感じます(実際はそうではありませんが)。

季節によって光の温度も変化するため、12のトーンの名前には季節の名称が付けられています。

 
色の色相に対する感覚は周囲の光と関係があり、自然な環境ではクールカラーとウォームカラーのオブジェクトを一緒に見ることは通常ありません。

あるオブジェクトが早朝の太陽に照らされ、同時に別なオブジェクトが真昼の太陽に照らされていることはないからです。

 
よって私たちは異なる色相のアンダートーンを不調和であると見ます。

cool cool-neutral warm-neutral warm

彩度

彩度の高い色は、その色の純粋な色です。

私たちはこれを鮮やかな色と呼びます。

彩度の低い色は、その色の灰色がかった色です。

これを、ソフトな色、ミュートな色、くすんだ色(Dusty)と呼びます。

 
自然界では、物理的に私たちの近くにあるオブジェクトは高い彩度で表示され、遠くにあるオブジェクトは低い彩度になります。

遠くのオブジェクトがよりソフトな色に見えるようにするのは、あなたとオブジェクトの間の空気中のすべてのほこりや他の粒子であるので、くすんだ色(Dusty)という説明は、良い説明です。

 
鮮やかな色とソフトな色は通常、自然界では近接して見ることはほとんどないので、私たちはそれらを非調和であると見ます。

彩度:高 彩度:低

明度

明度は理解が最も簡単な色の要素です。

それは単に色がどれだけ明るいか暗いかです。

物理的には、オブジェクトが光を反射するほど明るくなります。

明るさは、色が白にどれだけ近いかと考えることができます。

 
オブジェクトが吸収する光が多いほど、私たちの目には届きにくくなり、暗くなります。

真の黒い物体(例えばブラックホール)は光をまったく反射しないので、見ることはできません。

暗さは色が黒にどれだけ近いかです。

 
私たちは通常、世界の明るさと暗さの幅広さを見ているので、明るい色と暗い色の不調和を感じにくいです。

 
あなたに似合う特定の色の共通点は何でしょう。

それらは色相と、彩度が似ている色です。

それらは明るい色から暗い色までの範囲をカバーしますが、それらの多くは特定の数値レベルの周りに集まります。

明度:高 明度:低

12トーン

12トーンは人が見ることができる色空間の12の細分です。

各トーンは類似している色を含んでいます。

そしてこれらのトーンの1つはあなたと美しく調和します。

上の図では、左ほど彩度が高く(鮮やかに)なり、右ほど彩度が低く(ソフトに)なります。

上ほど明るい色を持ち、下ほど暗い色を持ちます。

そして私達が周りを円をたどるにつれて、色相は暖かいところ(ウォームカラー)から冷たいところ(クールカラー)に、そして再び戻っていきます。

あなた自身の色はすべてこれらの次元で同じようなレベルを共有するので、あなた自身の色はこれらのトーンの一つに属します。

あなたが自身のトーンを理解すれば、自身の虹を知ることができるでしょう。

未分類

Posted by colory