4タイプパーソナルカラー診断

自分のカラーパレットを見つけるために、まず簡単に色彩分析の歴史をみてみましょう。

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ

色彩分析はドイツの哲学者ゲーテが、異なる色彩間の繋がりを認識し、「色彩心理学」を創ったときにはじまりました。

しかし、それはほんの始まりに過ぎず、服の色と肌の色合いの関係や印象については言及されていませんでした。

ヨハネス・イッテン

1919年から1933年の間に、ヨハネス・イッテン(スイスの画家でドイツの大学の教授)は、「髪や肌の色」によって「特定の色」を組み合わせると肖像画が良く見えると結論付け、色彩分析をさらに一歩進めました。

それから彼は4つの季節に対応する4種カラーパレットを作成しました。

そして、それらはそれぞれ4つの異なる肌の色を含みました。

これらは、学生がより魅力的な肖像画を描くことを簡単にしました。

スーザン・ケイギル(Suzanne Caygill)

カリフォルニアを拠点とする色彩理論家スーザン・ケイギル(1911-1994)は、イッテンの「季節理論」とゲーテの「色彩心理学」を組み合わせて次のステップへ踏み出しました。

彼女は、人は自分のパーソナリティやスタイルに合った色を持ち、それは肌、髪、瞳などの個人的な特徴によって決めることができると主張しました。

この理論は有用性が証明され、とても普及し、多くの色彩専門家の基盤となりました。

キャロル・ジャクソン

最後に、心理学者キャロル・ジャクソンは、書籍「Color Me Beautiful」を書き、1980年代に大人気になりました。

その中で、彼女はケイゲルの季節システム(季節ごとに16の異なるタイプを使用)を単純化(4種の季節タイプに分類)しました。

これは、女性が自分に合った服、アクセサリー、化粧品を選びやすくしました。

キャロル・ジャクソンの理論のおかげで、あなたは自分の季節タイプを発見するのが簡単になりました。

4タイプ診断

Step1:Coolタイプ or Warmタイプ

最初のステップは最も難しいです。

基本的に、それはあなたの外見に定義を与える肌のアンダートーンを発見するために、あなたの表面上の肌の色以上のものを見ることを含みます。

肌のアンダートーンは、ヘモグロビン、カロチン、メラニンの3つの要素で決まります。

肌のオーバートーンは、日光、病気、血圧などの要因に基づいて変化しますが、アンダートーンは遺伝によって決定され、変わることはありません。

 
次の3つのいずれかを使用して、自分のアンダートーンを決定します。

ファンデーションテスト

最も簡単で正確な方法は、ピンクベースと黄色ベースのファンデーションを左右の頬に塗ることです。

非常に薄くなるまで均等にファンデーションを広げましょう。

より合っている方があなたのタイプです。

ピンクベースはCoolタイプ、黄色ベースはWarmタイプです。

ゴールド/シルバーテスト

金色と銀色の布または紙を用意します。

片方の手を銀色の部分に、もう一方の手を金色の部分に置きます。

また、手首の内側など体の他の部分も試してください。

一方の色は肌とよく合い、他の色はあまり合わないように見えるでしょう。

金色はWarmタイプ、銀色はCoolタイプです。

テストを正確に行うには、人工光のない、自然光の当たる部屋で行いましょう。

静脈テスト

これはかなり簡単です。

手首の内側の静脈を見て、それらがより青く見えるか緑に見えるかで判断します。

これも自然光が当たる部屋で行いましょう。

また、日焼けが激しい場合は判断が困難です。

緑はWarmタイプ、青はCoolタイプです。

 
アンダートーンがCoolの場合、あなたは夏または冬タイプです。

アンダートーンがWarmの場合、あなたは春または秋タイプです。

STEP2:Lightタイプ or Darkタイプ

あなたの瞳と髪の色が、明るいか暗いかで判断します。

Coolタイプ

瞳と髪の色が明るい色 → 夏タイプ

瞳と髪の色が暗い色 → 冬タイプ

Warmタイプ

瞳と髪の色が明るい色 → 春タイプ

瞳と髪の色が暗い色 → 秋タイプ

 
このカラー診断の良いところは、あなたに似合うカラーパレットを発見することです!

未分類

Posted by colory