16パーソナルスタイル

パーソナルスタイルは、特定のパーソナリティタイプを持つ人のスタイルの本質を説明する方法です。

スタイルへのアプローチ・スタイルへの価値観・スタイルの強みと課題、スタイルの決定方法などを説明します。

 
ここでのパーソナルスタイルは16あります。

16のパーソナルスタイルは、それぞれスタイルへのアプローチが異なり、それぞれの特徴を持ちます。

 
スタイルは深く個人的なものです。

スタイルは生まれつきのものだと言う人もいれば、誰もがスタイリッシュになることを学ぶことができると言う人もいます。

両方とも真実です。

 
あなたのスタイルの表現は、あなたのパーソナリティと密接に関係しています。

あなた自身とあなたのパーソナリティをよりよく理解することで、あなたは自身のスタイルの本質を特定し、より良いスタイルの決定を下し、真の美しさを主張し、自信を持って自身のスタイルを表現できます。

 
16パーソナルスタイルは、ユングやMBTIの示した16パーソナリティタイプに基づいています。

16パーソナリティタイプのモデルを使用して世界中の何百万人もの人々が自身のパーソナリティタイプを特定しており、それは今でもパーソナリティを理解するための最も信頼でき、有効なモデルの1つです。

絶妙なスタイリスト:INFJ

INFJは自分の頭の中にぴったりのアンサンブルを思い描くことができます。

彼女らは、ある服や特定のアイテムが自分に似合うことを理解し、自分のスタイリッシュなビジョンを導きの光として作り出し、保持します。

1つまたは2つのお店でこのビジョンに合った服を見つけられない場合、彼女らは理想に満たない別の服に落ち着くのではなく、すでにクローゼットの中にあるものを身に着け続けることがよくあります。

彼女らにとってファッションは最優先事項ではないかもしれませんが、通常、正しい服装は自身の述べる考えに信頼性を加えることを理解しています。

表現力豊かなスタイリスト:ENFJ

ENFJは、しばしば一緒にいる人のために服を選択します。

たとえば、クライアントの年齢、創造的または保守的な業界、起業家が事業を軌道に乗せるのに苦労している場合など、「ビジネスの服装」は変わる可能性があります。

ENFJは、他者の感情を驚くほど認識しており、人々が彼女らや彼女らの服装にどう反応するかを知覚することに長けています。

ENFJはまた、自分の感覚から離れすぎている服を着ることによる自身の感情への影響をよく認識しています。

取捨選択的スタイリスト: INFP

INFPはクローゼットに内的価値観を反映させるよう努めています。

たとえば、シンプルさや環境保護を重視する場合、オーガニック生地の服や、環境に優しい服を選びます。

美しさを重視する場合、衣服の選択は周囲に美しさを追加し、スタイルへの芸術的なアプローチを開発する方法と考えるかもしれません。

謙虚さを大切にしている場合、自分に注意を向けないような服を着ることがあります。

印象を与える服、スタイル・服装のアンチテーゼは、自身に誠実であるINFPの能力の不可欠でありながら微妙なニュアンスの部分を形成します。

カリスマ的スタイリスト:ENFP

ENFPはクローゼットを遊び場と考えています。

彼女らは自身に合った服装が、真の暖かさ・社会的スキル・伝搬性の熱意を反映して、他の人とすぐに関わることができるようになることを知っています。

スタイリッシュなENFPの服装が内側の活気と楽観性に共鳴するとき、人との関りは容易になります。

彼女らは他の人たちと同じものを着たくないと思っています、その理由の一部は、目立たなくなってしまい、他の人たちと容易に関わることができなくなってしまうからです。

ENFPはさまざまな方法で、さまざまなアクセサリーと創造的に組み合わされる個々のピースを見ます。

それは、さまざまな気分、機会、多様性のために、です。

独立的なスタイリスト:INTJ

INTJはしばしば、解決すべき問題としてクローゼットへアプローチします。

鏡に映った自分がまとまっていないように見えるのは不愉快です。

スタイルは創造的な自己表現に関するものであり、他人と違うことをして注目を集めるものではありません。

INTJは他人と同じ服装を着たいと思っていません。

代わりに、スタイルの作成方法を分析し、スタイルの確立がより重要と考えると、スタイルの成功を理解するために科学的・分析的アプローチを取り、実行します。

際立つスタイリスト:ENTJ

ENTJはシステム・プロセス・リソース・人々がどのように最適に連携できるかを見ます。

これにはスタイルも含まれます。

彼女らはファッション・スタイル・色・デザインの世界の興味深いトレンドに気づき、それを利用します。

大勢に従うのではなく戦略を立てることで、価値ある論理を見分けます、また直観は彼女らにとって最適なものを把握するのに役立ちます。

ENTJは多くの場合、スタイルを自分のブランドの一部と見なします。

彼女らにとってスタイルとは「彼女らがどうであるか」であり、「着る衣装」ではありません。

彼女らのスタイル・パーソナリティ・目的が一致するとき、世界に対して完全(seamless)で強力なペルソナを示します。

複雑なスタイリスト:INTP

INTPは独自のスタイルの探求を進めるために、驚くほど独立した方法に興味を持つかもしれません。

しかし、彼女らはまずスタイルに注意を払うことは、「他の人の知的アイデアの受け入れを促進する価値ある追求」であると自身を納得させる必要があるかもしれません。

INTPのスタイルの決定は、多くの熟考の後に明らかになることが多いため、状況(環境・対象者・目標)が、最終的なスタイルの選択と一致することを確認するために、独立したチェックが必要になる場合があります。

先進的なスタイリスト: ENTP

ENTPはクローゼットを合理化して、スタイルの決定とクローゼットの管理(衣類の手入れ、洗濯など)に費やす時間を最小限に抑えます。

独自のスタイル感覚を育む場合、独自のアプローチを開発するために理論を構築し、体系化し、戦略を立てます。

ENTPはリスクを冒すことを恐れず、服装の選び方、買い物の方法、色・質感・パターンの組み合わせなどの従来の方法を、盲目的に従うルールとしてではなく、克服するための課題と見なします。

調和的なスタイリスト:ISFJ

ISFJは非常に注意深く、正確で、詳細を重視し、これらの強みは適切に調整されたアンサンブルを組み立てる能力によって輝きます。

彼女らは従来的なアプローチをとったり、クラシックなワンピースを着たり、友人・親しい人・ロールモデルに似た外観を採用したりします。

多くの場合、これは時間を節約し、適切であろうとする無意識の方法です。

ISFJは細部に目を向け、自分の色や体型に最も適した色・生地・形を認識します。

魅力的なスタイリスト:ESFJ

ESFJは適切な服装に努め、他者との関係におけるスタイルの影響を認識しています。

優れたスタイル感覚を持つことは、他の人とすぐに関係を築くという彼女らの本質的な能力と調和します。

多くの場合、スタイル・衣服、そしてそれが伝えるものすべてにとても興味を持っており、彼女らの衣服は今日の自分を表しています。

ESFJは誰といても、何をしていても、自分のスタイルは最も適切であるべきと考えています。

適切とは、例えば人に最も喜ばれる服装、などです。

そして、多くの場合、友人や家族へスタイルアドバイザーとして信頼されています。

芸術的スタイリスト: ISFP

ISFPのスタイルへのアプローチは、しばしば微妙なニュアンスを持ち、不必要な注意を引かないような服を選びますが、それでも独自性を表現します。

一部のISFPは非対称のシルエット、珍しいジュエリー、予想外の色の組み合わせを選択することで目立ちますが、それは注目を集めるためではなく、自身を楽しませるため、または芸術的表現のためです。

対立や緊張を嫌う彼女らのスタイルの選択は、彼女らが共にいる人々を含め、現在の状況でどの服装が良く機能するかに常に基づいています。

ISFPは控えめな方法で表現される、スタイルの強い感覚を持っています。

快活なスタイリスト:ESFP

ESFPには実用に基づいたスタイルへのアプローチを持ちます。

衣服が効果を発揮するために、状況と環境はどのような衣服を必要とするの?

 
彼女らは服・スタイル・ショッピングをよく楽しみますが、それをあまり真剣に受け取らないようにしましょう。

ESFPは決まりを過度に避け、「流れに合わせる」アプローチを好み、スタイルの選択肢を広げて多くのオプションに対応します。

同じものに飽き飽きした彼女らは、新しいピースを組み合わせてまったく新しいアンサンブルを作成したり、新しいアイテムを購入することで、しばしば服装を変えます。

実用的なスタイリスト:ISTJ

ISTJは自分のスタイルへのアプローチ方法について、構造と明確に定義された信頼できるルールを求めます。

彼女らのアプローチは、しばしば控えめで、常に実用的・適切です。

ISTJは服装に非常に手入れが行き届いていると、不必要に自分に注意を向けることを避けられることを知っています。

静かな効率性とルーチンの必要性を組み合わせることで、ISTJのクローゼットは信頼でき、またそれは個人の完全性の感覚の中核にある特定の誠実さを反映します。

効率的なスタイリスト:ESTJ

ESTJは効率性と収束性を追求し、パターンと主要な要素を見つける能力を使い、スタイリッシュな自分に合わせた実用的でパーソナライズされた効率的なワードローブの開発につなげます。

ESTJは他の人が自分の能力・社会的地位・影響力・優雅さを正しく認識できるようにするためのツールとして、自分の服装の選択に注意します。

服装は、制服として、または彼女らの印象を作成するための一貫した信頼できるベースとして機能する可能性があります。

個人主義的なスタイリスト:ISTP

ISTPは微調整されたシンプルさで、1日または機会のニーズを満たすためのいくつかのスタイル・色・アクセサリー・アパレルアイテムに焦点を合わせます。

ISTPは過度に複雑なことを回避することに優れ、明確で慎重に選択された基準を通じて利用可能なすべての選択肢を絞り込み、それらに適したスタイリッシュなクローゼットを作成します。

論理的な先見の明が適用できる場合、時間・労力・動きを無駄にすることはありません。

ISTPは、スタイルが価値ある追求であると確信して、クローゼットがライフスタイルに役立つことを確かとします。

効果的なスタイリスト:ESTP

ESTPはクローゼットとスタイルへ、システム的アプローチを取り入れることで、人生のほとんどの面で自身が望む自発性を発揮します。

ESTPは自分の環境で利用できるものを最大限に活用することに優れ、自分の服や、購入したアイテムを自分や機会に合わせて調整するのに優れます。

実践的な実験を最大限に活用して、ESTPは他の人が無視または捨てるかもしれないアイテムやアンサンブルを更新・アップスタイル・または適合させる方法を見つけ、容易に機能する方法を即興で開発します。

未分類

Posted by colory