パーソナルスタイル:ISFP

強い個人的価値観はISFPの人生の旅をサポートしています。

これとともに、活動と交流における自発性も彼女らをサポートしています。

プライベートで控えめなISFPは、実際に理解されるまでに時間がかかる場合があります。

ISFPの強みは興味深いものです。

ユニークなルックス

ISFPは他の誰にも見られないユニークな外観を作成するマスターです。

他のFタイプとPタイプ(の一部)は独自性を求めますが、ISFPはこれが自身のスタイルを興味深く保つために不可欠と考えています。

ピースがほとんどどこにでもあるとしても、全体的なアンサンブルにはひねりがあり、斬新で、気まぐれで、魅惑的です。

その性質はピースそのものにあるかもしれませんし、各ピースをまとめる方法にあるかもしれません。

私は今日、どう感じているの?

ISFPは自身の感情に特に敏感な2タイプのうちの1つで、自身に対して何が起こっているかを考えます。

自身が身体的にどのように感じるか – 私の身体は今日何を着て欲しいの? – だけでなく、自身の感情的な幸福 – 今日の「私らしさ」を感じるは何? – を考えます。

彼女らはこれをガイドライトとして使用し、1日のアンサンブルを選択します。

実験

ISFPは実験を好み、他の人が古い方法で行い続けるようなことについて、新しい実用的な方法を考え出します。

これによってISFPは、自身のクローゼットに興味を持ち続けるようになります。

ISFPは、物事を混同し同じ服を何度も着用しないというニーズに対応するために、大きなクローゼットを備えている場合もあります。

クローゼットのサイズに関係なく、実験的な多様性を維持することは楽しいことです。

 
あるISFPは1週間特定のブランドを着用したり、1週間勤務時にはワイドレッグパンツのみを着用するなど、着衣の課題を設定していると報告しています。

ISFPは服を試して遊ぶ必要性を教えてくれます。

フロー

多くのPタイプがこの質(フロー)を備えており、「フロー」という言葉がカプセル化されているようです。

ISFPは簡単かつ自由に呼吸し、動くように見えます。

そこには自由があります。

硬直したり、落ち着いたり、立ち往生していません。

私にとって役立つもの

スタイルルールを知らされた場合、盲目的にそれらに従う必要はありません。

ISFPは自身の旅を通して発見したものを、独自のスタイルの道に取り入れたいと思うでしょう。

彼女らはさまよい、移動し、他のどこかで少し時間を過ごすことができます。

ISFPの旅は他のタイプのようなものではなく、他のISFPと同じでさえありません。

この自主性はIタイプとPタイプの特徴ですが、ISFPがもたらす実用的な美しさは各ISFP独自のものです。

芸術的スタイリスト:ISFP

ISFPにとってスタイルは箱であり、彼女らは人生のどんな場合も箱に入れられたくないと思っています。

彼女らのスタイルは取捨選択的であることが多く、それは彼女らがその日に何を感じているか、どこへ行くかによって異なります。

彼女らは感情を外観に映すために、クローゼットにさまざまなものを切望しています。

 
「多様性は非常に重要です。物事はスタイルの連続性を超えて変化する可能性があるため、複数のスペースでプレイする必要があります。
あなたはただ一つの服を買うのではなく、複数の目的のために服を買ってそれを色々な方法で機能させるべきです。私は他の人が見逃すかもしれないもの、ユニークなもの、一緒に機能するものを見つけます。
柔軟であること、どこにいても自分らしくあることが重要です。
私は以前、自分のスタイルを通して人々が私をどのように感じているかを気にしていましたが、もはやそうではないと思いました。
私のスタイルの一部は、他の人が思うことを気にかけないことです。
あなたが皆と同じではないことを理解することが重要です。あなたは他人と同じである必要はありません。」

 
ISFPは本質的に環境(空間を構成する人と物)に調和しています。

彼女らは現時点を生き、自然や動物を含む美しいものすべてに強い親和性を持っています。

実践的で行動指向のISFPは独立して創造性を発揮できる状況で繁栄します。

彼女らは控えめで理解され難いですが、深く思いやりがあり、職場や外部環境で他人に奉仕することを好みます。

独自の芸術的表現

ISFPの場合、家族の影響によってスタイルの発見が人生の早い段階から始まった可能性があります。

彼女らは通常、衣料品・芸術・色・家の装飾に対して、または高度に発達した芸術的美的感覚を取り込むことができる関連分野など、何らかの形でスタイルと美を愛しています。

ユニークなスタイルの道

ISFPは既存のスタイルを選択することはありません。

ISFPは自身のスタイルの道をたどり、自身の心を打つものを求めます。

ISFPが既存のものに独自の性質を加えると、多くの環境で受け入れられ十分に機能し、かつユニークな・時には風変わりな外観を作成できます。

周囲の美

多くのISFPは周囲の環境に深く適応し、自然を愛し、さまざまな形の美しさを評価しています。

ISFPはこれらの性質をスタイルに取り入れることで、自身に穏やかさと創造性の感覚(ISFPが求める感覚)が与えられることに気付くかもしれません。

これらは多くの方法で達成できます。

 
自然にヒントを得たカラーパレットを衣服に反映させる

天然素材で作られた布地・アクセサリーを使用する

自然にインスパイアされたモチーフ(花柄・アニマルプリントなど)を使用する

多様性は人生のスパイス

ISFPは変化を受け入れることに優れ、個人的な方法で変化を生み出します。

ISFPはこのことを理解しており、新しいものや刺激的なものが常に自身のスタイルの一部であることを確かとしています。

外観・予算・ライフスタイルなどの個人的な価値観に応じて、ISFPは様々なスタイルを色々選択できます。

独自性と柔軟性のバランス

多くのISFPは独自性と柔軟性を両立させ、独自のスタイルと服装を開発しています。

彼女らは特別な1ピースを中心に服装を開発するか、1日または1週間の服装のテーマを定義します。

彼女らは周りの人と違う服装であるときに最も幸せだと報告しています。

彼女らは他人と違うアイテムを身に付けることを楽しみます。

実用主義と創造的な自己表現のバランス

ターニングポイントは、美しさや創造的な自己表現への関心と、職場で要求される服装など、実際的な事項とのバランスを取る必要性を認識することです。

また、最小主義的アプローチのせいで、周りの人がISFPの他の性質を見つけるのを妨げていることを認識することも重要です。

色々実験し、それらの個々のピースを追加できることを知っていると、正しいスタイルバランスを実現するのに役立ちます。

これは、常に興味深い真のスタイルです。

実験とリスク

ISFPは予測不可能なほど自発的な場合があります。

彼女らは心躍る場所に行くのが大好きで、これが彼女らのスタイルに適用されるとユニークで、気まぐれで、実験的なルックスと、自身を楽しませるアプローチをもたらします。

また、すべての物事に遊び心の感覚を活用することをお勧めします。

パターンとプリントのミックス、スローファッションのショップ、さまざまな時代の作品の組み合わせなど

まとめ

ISFPは芸術的・装飾的なものや、美しさに対する鑑識眼を持ち、それを遊び心のある実験的な側面と組み合わせて、本物のスタイルの体験を作り上げます。

ISFPは最高の場合、気まぐれで職人的なスタイルを持ちます。

未分類

Posted by colory