シアン

シアンは緑がかった青い色です。

緑と青の波長の間にある490〜520nmの中波長の光によって引き起こされます。

シアンはプリンタによるカラー印刷において、他のすべての色を作るために、イエロー(Y)、マゼンタ(M)、黒(K)と共に使用されるインクのうちの1つです。

 
コンピュータディスプレイ上にすべての色を作成するために使用される加法混色システム、またはRGBカラーモデルでは、シアンは同量の緑と青の光を混ぜることによって作られます。

シアンは赤の補色です。

シアンは白色光から赤を除去することによって作ることができます。

赤とシアンの光を適切な強度で混合すると、白色になります。

ウェブカラーのシアンはアクアと同義です。

シアンの範囲内の他の色は、ティール、ターコイズ、エレクトリックブルー、アクアマリン、および他の青緑色として記載されています。

語源

シアンという名前は、古代ギリシャ語でダークブルー、ダークブルーエナメル、ラピスラズリを意味するkyanos(キュアノス)に由来します。

シアンは以前シアンブルーとして知られていました、そして英語による色名として最初に記録されたのは1879年でした。

色名のさらなる起源は、コーンフラワー(ヤグルマギク)から製造された染料にさかのぼることができます。

 
ほとんどの言語において、シアンは基本的な色の用語ではありません。

それは現象論的にほとんどの英語を話す人にとって緑がかった青の鮮やかな色合いとして現れます。

シアンが基本的な色の用語として言語的に認められていない理由は、多くの言語で青と緑が区別されないことが多いためです。

プロセスシアン

印刷で使用されるシアンはプロセスシアンと呼ばれます。

シアンは、マゼンタ、イエロー、ブラックとともに、4色印刷で使用される一般的なインクの1つです。

この色のセットは、CMYKと呼ばれます。

RGB二次色およびCMYK一次色の両方がシアンと呼ばれますが、それらは互いに実質的に異なり得ます。

プロセスシアンはRGBカラーではありません、そしてCMYKからRGBへの固定変換はありません。

プリンタのインクには異なる配合が使用されるため、印刷される色はシアンインクにより異なります。

減法混色では、見かけ上同一の色を混ぜ合わせても一貫して同じ結果が得られません。

フタロシアニンブルーはそのような一般的に使用される顔料の1つです。

プロセスシアンの色

カラーコード #00B7EB

ウェブカラーシアン

ウェブカラーシアンはRGBカラーモデルの2次色です。

RGBカラーモデルでは、赤、緑、青の光の組み合わせを使用して、コンピュータディスプレイにすべての色を作成します。

X11では、この色はシアンまたはアクアと呼ばれます。

HTMLカラーリストでも、これと同じ色をアクアと呼びます。

ウェブカラーシアンはプロセスシアンよりも鮮やかで、印刷において正確に再現できません。

インクでウェブカラーシアンに近い色を再現するには、プロセスシアンに若干の白いインクを追加する必要があるので、印刷で再現されるとき、それは一次減法混色ではありません。

それは熱帯のビーチで水の外観のように、一般的に水に関連付けられている色であるため、アクア(1598年から使用されている名前)と呼ばれています。

ウェブカラーシアンの色

カラーコード #00FFFF

未分類

Posted by colory