マゼンタ

マゼンタは赤紫、ラディッシュパープルなどと定義されている色です。

RGBおよびCMYカラーモデルのカラーホイールでは、赤と青の中間に位置しています。

マゼンタはインクジェットプリンタによるカラー印刷において、他のすべての色を作るために、イエロー(Y)、シアン(C)、黒(K)と共に使用されるインクのうちの1つです。

印刷に使用されるマゼンタの色調はプロセスマゼンタ・プリンターマゼンタと呼ばれます。

 
マゼンタは、1859年にフランスの化学者François-Emmanuel Verguinがフクシンと呼んだ赤色アニリン染料に由来します。

1859年6月4日のフランス・オーストリア間のマジェンタの戦いでのフランスの勝利を祝うために、フクシンはマゼンタと改名されました。

1860年、2人のイギリス人化学者、Chambers NicolsonとGeorge Mauleによって、実質的に同じ色のroseinが生まれました。

 
ウェブカラーマゼンタはフクシアとも呼ばれます。

光学と色彩学

Wikipedia 可視光線

 
マゼンタは可視スペクトル上の色ではありません。

つまり、単色の可視光に関連する色相ではありません。

マゼンタは、主に長波長の赤みがかった成分と短波長の青みがかった成分に集中しているスペクトルパワー分布の知覚に関連しています。

 

ディスプレイにすべての色を表示するために使用されるRGBカラーシステムでは、マゼンタは二次色で、等しい量の赤と青の光を組み合わせることによって作られます。

このシステムでは、マゼンタは緑の補色です。

黒のスクリーンで緑とマゼンタの光を組み合わせると、白になります。

 

カラー印刷で使用されるCMYKカラーモデルでは、マゼンタは3つの原色のうちの1つであり、シアン・イエローとともに、残りのすべての色の印刷に使用されます。

マゼンタ、シアン、イエローがページ上で重なって印刷されると黒になります。

このモデルでは、マゼンタが緑の補色であり、これら2色は最高のコントラストと最高の調和を持っています。

組み合わせると、緑とマゼンタのインクは濃い灰色または黒に見えます。

 
カラー印刷で使用されるマゼンタは、プロセスマゼンタとも呼ばれ、コンピューターの画面で使用される色よりも濃い色合いです。

 
マンセル表色系では、マゼンタは赤紫と呼ばれます。

スペクトルを円状にしてカラーホイールを作成すると、赤と紫の中間にマゼンタ(加法混色)が表示されます。

マゼンタの2つの成分である青紫と赤は、可視スペクトルの両端にあり、非常に異なる波長を持っています。

加法混色の二次色であるマゼンタは、上記のように、紫色と赤色を等しい強度で組み合わせることによって作られますが、スペクトル自体には存在しません。

フクシアとマゼンタ

光学では、フクシアとマゼンタは基本的に同じ色です。

ウェブカラーのフクシアとマゼンタは完全に同一で、正確に同じ割合の青と赤の光を混合することによって作られます。

 
デザインと印刷では、もう少しバリエーションがあります。

両方の色に影響を与えたフクシアの花自体は、フクシアから紫から赤まで、さまざまな色を持っています。

マゼンタの歴史

フクシアとマゼンタの染料(1859)

マゼンタは、ウィリアム・パーキンによる1856年のモーヴェインの発明から始まった、産業科学革命の結果です。

これは最初の合成アニリン染料でした。

染料とそれが生み出した新しい色の商業的な成功は、ヨーロッパの他の化学者たちにアニリン染料から作る新しい色を開発させるきっかけとなりました。

 
フランスでは、リヨン近郊のLouis Rafardの化学工場の管理者François-Emmanuel Verguinが、1858年末から1859年初めにかけて、アニリンと四塩化炭素を混合して、フクシンと呼ばれる赤紫色の染料を作り出しました。

フクシンは、フクシアの花にちなんで名づけられました。

彼は工場をやめ、1859年に染料製造会社に色を移しました。

 
同じ年に、ロンドン南部のWalworthにある染料製造業者George Simpsonの研究室で働いていた2人のイギリス人化学者、Chambers NicolsonとGeorge Mauleは、同様の赤紫色の別のアニリン染料を作りました。

1860年に 「roseine」という名前で製造されました。

その新しい色は商業的成功となりました。

 
1935年からキナクリドン染料のファミリーが開発されました。

これらは赤から紫までの範囲の色を持っているので、今日ではキナクリドン染料がマゼンタによく使われます。

キナクリドン染料にさまざまな量の白を追加することで、さまざまなマゼンタの色調を作成できます。

 
マゼンタに使用されるもう一つの染料はリソールルビンBKです。

その用途の1つは食品着色料としてです。

プロセスマゼンタ(1890s)

カラー印刷におけるマゼンタは、イエロー・シアンとともに、減法混色の3つの原色を構成する顔料の1つです。

顔料の2次色は、青、緑、赤です。

マゼンタは緑の補色です

マゼンタは緑の光を吸収します。したがって、マゼンタと緑は反対色です。

 
プロセスマゼンタはRGBカラーではありません。

そしてCMYKからRGBへの固定変換はありません。

プリンタのインクにはさまざまな配合がされているため、プロセスマゼンタは一定の色ではありません。

典型的なプロセスマゼンタの色

カラーコード #ff0090

ウェブカラーマゼンタ

ウェブカラーマゼンタは、RGBカラーモデルの3つの2次色のうちの1つです。

RGBカラーホイールでは、マゼンタはローズと紫の間の色で、赤と青の中間です。

 
この色はX11ではマゼンタ、HTMLではフクシアと呼ばれています。

RGBカラーモデルでは、同じ強度の赤と青の光を組み合わせることによって作成されます。

マゼンタとフクシアの2つのウェブカラーはまったく同じ色です。

ウェブカラーマゼンタは、エレクトリックマゼンタと呼ばれることがあります。

 
印刷に使用されるマゼンタとウェブカラーマゼンタは同じ名前ですが、大きな違いがあります。

プロセスマゼンタは、コンピュータ画面で達成可能なマゼンタよりも彩度ははるかに低くなります。

CMYK印刷技術は、コンピュータ画面上の色を紙の上に正確に再現することができません。

ウェブカラーマゼンタが紙の上に再現されるとき、それはフクシアと呼ばれ、コンピュータ画面上のように鮮かに紙の上に現れるのは物理的に不可能です。

 
 「マゼンタ」と呼ばれる色鉛筆とクレヨンは、通常、上記のプロセスマゼンタの色に着色されています。

ウェブカラーマゼンタの色

カラーコード #FF00FF

可視スペクトルとマゼンタ

可視スペクトルにマゼンタはありません。

マゼンタを作る光の波長はありません。

ではどうやって私たちはマゼンタを見ることができるのでしょう?

 
マゼンタは光の波長として放射されないので、あなたは可視スペクトルでマゼンタを見つけることができません。

しかしマゼンタは存在します。

マゼンタは、緑色を補完する色、または緑色の光を見つめた後に見える残像の色です。

緑色の補色であるマゼンタを除いて、光の色はすべて可視スペクトルに存在する補色を持っています。

ほとんどの場合、脳は色を認識するためにあなたが見る光の波長を平均します。

たとえば、赤と緑の光を混ぜると、黄色の光が見えます。

ただし、紫色の光色と赤の光を混ぜると、平均波長である緑ではなくマゼンタが見えます。

あなたの脳は理にかなっている方法で可視スペクトルの端(紫と赤)をまとめる方法を思い付きました!

マゼンタの知覚

マゼンタはもちろん花の中や2つの虹の重なった部分に現れます。

しかし、なぜマゼンタがそれほど明るく知覚されているのにスペクトル内では知覚されないのかを理解するには、私たちは自身の生理学に目を向けるのが良いでしょう。

 
私たちの目には、赤、緑、青紫の光を受光するように構成された3種類の錐体があります。

マゼンタ、シアン、イエローは、私たちの目にはとても明るく見えます。

それは、それらがより多くの光を含んでいるからではなく、それらの色を知覚するために2つの錐体が一度に働くからです!

 
マゼンタは正確には色ではありません。

それは赤と青紫の2色の合成で、緑はまったく含まれていません。

マゼンタは、純粋な赤と青紫の光が混ざっているときにのみ心理的に認識され、緑は完全に欠けています。

 
もちろん、すべての色は生理学的に知覚されるとは限りません

しかし、マゼンタは、他の2つの色相の組み合わせとしてしか認識されない唯一の色であるという点で特別です。

 
色の調和は一般的に2つ以上の色の間の好ましい関係として理解されています。

しかし、より科学的に言えば、マゼンタはすでにそして常に調和的であり、一度に複数の波長を知覚する音楽という調和と似ています。

未分類

Posted by colory