パーソナルスタイル:ISTJ

ISTJのアプローチは組織的かつ系統的で、心強く的確です。

ISTJはタスクをコントロールしているときに最高になり、多くのことを偶然に頼りません。

彼女らのスタイルは分析的です。

私に頼って

ISTJは他のSJタイプと同様に、関与するほとんどの事柄に一貫性を持ちます。

これはスタイルにおいても同様です。

彼女らのスタイルの強みは、信頼できる外観を作成し、不安定さや過度の注目を避けることです。

この外観の一貫性は、作業の質・アプローチ/計画の精度・行動の誠実さに反映されています。

適切さ

適切さへの要求はISTJのスタイルDNAの一部です。

これはISTJにとって絶対的に重要です。

あるISTJは不適切な服装で重要な場所に到着した場合、「死ぬ」と述べました。

これはISTJにとって適切さがどれほど価値があるかを表しています。

細部の着こなし

ISTJは細部を美しくします。

ISTJの内向的感覚(Si)は、彼女らが実用的な詳細を習得することを保証します。

これはスタイルにおいては着こなしで発揮されます。

可視化されたシステムと合理的・効率的なプロセスによって整理されたクローゼットは、しばしば絶妙で完璧です。

それは美しいシンプルさです。

スタイルの基礎としてのスタイルルール

整然とした、構造化・組織化された人生へのアプローチは、ISTJのスタイルへも適用されます。

スタイルルールはISTJがスタイルを構築するための基盤となり、スタイルを安全に保つための何かと見なされます。

スタイルルールに理由・堅実な論理的根拠がある限り、ISTJはスタイルが安全かつ美しく表現されると考え、喜んで従います。

実用的なスタイリスト:ISTJ

ISTJにとってスタイルとは外観を良く、正しくすることです。

スタイルとは、自身の気分に合った視覚的な方法でパーソナリティを表現することです。

ISTJは静かだけど明確な方法でスタイルに注意を払います。

 
「私はアイテムを評価するときにプロセスを実行します。
これは実用的? 何回くらい着るの? クローゼットの他のアイテムと一緒に使用できる? 自分らしい?
他人に気に入られるように選ぶのではありません。スタイルは自身のパーソナリティに忠実でなければなりません。
気に入らなかったものをなぜ着る必要があるの?それは他人に間違った印象を与えます。それは自分らしくなくて、不誠実です。」

 
ISTJは静かで控えめです。

彼女らは、平和で安全な人生を第一に求めます。

ISTJはタスクの遂行に優れ、誠実で信頼でき、大きな義務感を持ちます。

規則・手順・伝統を重要視し、それらを維持し、タスクと義務を遂行するためにエネルギーを使います。

彼女らは過去の経験を大いに活用し、素晴らしいプランナーであり、有能で系統的です。

スタイルは全力を尽くすための最良の部分

ISTJにとってスタイルの旅はゆっくりと始まり、時間とともに発展するでしょう。

選択した仕事の分野に応じて、時間・努力・お金を自身のスタイルに使うことは、有能な専門家として見られることに役立つでしょう。

またはスタイルはISTJの人生のある時点では優先順位が低く、特に必要性が生じたときにのみスタイルに注意を払うかもしれません。

ISTJはスタイルに注意を払うことが、自信を持ち、全力を尽くすことに有用であることを認識するでしょう。

組織化された構造の中で美しさを見つける

ISTJは個人的に組織化された構造に基づいて構築された環境で生き生きとします。

これは、スタイルの大きな利点です。

ISTJはクローゼットを対称性とシンプルさでアレンジします。

服を選ぶための構造的で詳細なアプローチを持ち、多くの場合、まとめられたワードローブや「整った」アプローチを好み、すべてが調和する合理化された心地よいカラーパレットを使用します。

彼女らのスタイルには人生のあらゆる面で必要な構造と順序が含まれています。

効率性と卓越性

スタイルに費やす価値があると確信したとき、ISTJは効率性と細心の注意をもってタスクに取り組みます。

ISTJにとって精度は重要です。

ISTJは最善を尽くして何かをしようとするときに完璧主義的になるかもしれません。

ISTJには静かさと穏やかさ必要です。

これはスタイルへのアプローチに言い換えることができます。

ISTJはこれらの中心的ニーズから決して揺らぐことなく成功します。

派手すぎて大胆で注意を引く服装は彼女らの内的平衡を乱す可能性が高いので、適切で、平和的、実用的なスタイルを選ぶのが良いでしょう。

カジュアルさ、適切さ、多少の優雅さ

多くのISTJはカジュアルな服装が最も快適であると報告しています。

快適さは、秩序の感覚と動く能力にとって非常に重要であり、また快適さとは自分が着ているものを忘れてしまうことです。

生地は肌触りが良く、適切に動く必要があり、カットは優れている必要があり、衣服の構造は適切でなければなりません。

ISTJはまた、状況に合わせて身に着けているものを評価し、変更します。

たとえ彼女らがその日外出しなくても、その日のために最高のものを着ます。

それはハイスタイルではないかもしれませんが、常に見た目がよいものでしょう。

スタイルルールを見つけて従う

ISTJは自身が信じる手順・ルール・伝統・ポリシーを見つけ、それを順守することを好みます。

彼女らは賢明なルールを破るのをあまり好まず、これは自分らしさを受け入れるべきISTJにとっての利点です。

スタイル構造と一連のルールを見つけることは、ISTJがスタイルの道をチャート化するための確固とした自信を与える基盤として機能します。

ISTJはスタイルルールを理解して従うことを望みます。

常に適切であることを保証する普遍的なスタイルルールと、身体的特徴に固有のスタイルルールの両方が彼女らのベストを発揮できるようにします。

スタイルのわだちに引っかかってはいけない

ターニングポイントは、スタイルに関する十分な知識がないか、スタイルの定義があまりにも限定されているために、わだちに立ち往生しているように感じることです。

ISTJは、自身のスタイルを自分らしくないと感じたり、真正な自己を表現していない、と感じるかもしれません。

これによって、ISTJは質の高いスタイルの教育を受け、自身の内側のアイデアを活用し、自身にぴったりのスタイルコースを作成するようになるでしょう。

要約

ISTJは自身の適切性・機能・組織化の感覚が輝いているときに生き生きとします。

それを信頼すれば、スタイルの本質を理解する強固な基盤からスタイルが美しく表現され、維持されると確信できます。

ISTJ最高の場合、適切で組織化されたスタイルを持ちます。

未分類

Posted by colory