パーソナルカラー分析の歴史

カラー分析、またはパーソナルカラー分析(PCA)は、化粧品業界・ファッション業界でよく使用される用語です。

これは人のスキントーン、瞳の色、髪の色と調和する衣服や化粧の色を決定する分析方法です。

カラー分析は、特定の色を人の近くに配置したときに顔に対して発生する錯視(錯覚)を観察することによって、特定の色が似合うのかどうかを示します。

調和のとれた色は、人が健康な顔をしているように見せ、人の自然の美しさを高める一方で、調和していない色はしわや不均一な肌の色合いなどの欠陥に注意を向けさせることは一般的に認められています。

 
アメリカでは新しいカラー産業の発展と、マーケティングツールとしての色見本帳の作成により、1920年代にカラー革命が起こりました。

世界中のカラーコンサルタントによる季節分析のさまざまなバージョンのさらなる開発と促進の後、パーソナルカラー分析は1980年代にとても人気になりました。

 
シーズンタイプ分析とは、人の持つ色に基づいて、春、夏、秋、冬、またはそれらのサブグループに分けて、その人に合う色を決定する方法です。

ただし、アプローチは各学校の考え方によって大きく異なります。

 
いくつかのカラー分析システムは、肌・瞳・髪の色の温度(クール・ウォーム)の程度、肌・瞳・髪の間の色のコントラストに基づいて分類します。

化粧品の色は、瞳・髪の色だけで決まることがよくあります。

 
カラー分析の実用的な応用が成功すれば、理論的には個人は自分の服やアクセサリーをより簡単に選ぶことができ、自分のカラーパレットに入っていない色の商品を購入することによるミス・コストを避けることができます。

しかしカラー分析は、カラー分析者の必要な訓練や学位の欠如による問題を持ちます。

これは、カラー分析者としての能力に見合わない高額な料金の支払いや、似合わない商品の購入といった、個人のコストを増大させる可能性があります。

初期(1850年代~1970年代前半)

シュヴルール

ミシェル・ウジェーヌ・シュヴルールはフランスの化学者で、1824年にパリのGobelins製作所で染色の責任者に任命され、28年間勤務しました。

染料の色の一貫性の欠如についての苦情を受けた後、シュヴルールはこの問題は化学的なものではなく光学的なものであると判断し、optical color mixingの調査に焦点を当てました。

彼は、同時対比(2つの異なるオブジェクトの色が互いに影響を与える)、継時対比(残像効果)の概念について論じた画期的な調査結果を「The Laws of Contrast of Colour」(1839)で発表しました。

 
シュヴルールの色彩研究は19世紀の、最も広く使用され影響力のある色彩マニュアルとなり、美術に大きな影響を与え続けました。

72の標準トーンの色相スケールを表示する最初の半球カラーモデルを作成しただけでなく、彼の色の調和への探求は、パーソナルカラー分析の基本原則です。

1850年代、シュヴルールのアイデアは色彩調和の教育を受けていないアメリカの大衆に処方されました。

「Godey’s Lady’s Book」(1855年・1859年)は、シュヴルールの考えを「派手な」アメリカの女性に紹介しました。

マンセル

アルバート・マンセル(1858-1918)は、最初に作られたカラーシステムの1つであるマンセルカラーシステムを発明したことで有名です。

彼はマサチューセッツ芸術大学のアメリカ人画家・美術教師で、シュヴルールのタペストリー作品を訪問し、フランスで色彩を学びました。

オブジェクトの輝度を測定する光度計を含む独自の発明を使用して、マンセルは色空間を決定し、色の体系化方法を標準化し始めました。

 
1905年に、マンセルは色に関する3冊の本のうちの最初の1冊「A Color Notation」を出版しました。

彼は色の3つの次元に言及しながら、色の理論について説明しました。

3つの次元とは、色相、明度(明るい・暗い)、彩度(鮮やか・ソフト)です。

 
マンセルの色彩論以前は、色の強度は「saturation」と定義されていました。

マンセルは、saturationは2つの異なる次元、明度と彩度を含むと判断しました。

ここで、彩度は色が鮮やかか、灰色がかっているかを定義します。

 
マンセルは、人間の視覚系と人間の色に対する反応に細心の注意を払い、それを三次元色空間のマッピングに考慮しました。

1917年、マンセルは色彩教育を改善する目的でマンセルカラーカンパニーを設立しました。

1930年代に、マンセルカラーシステムはUSDAによって土壌研究とそのシステムの公式カラーシステムとして採用されました。

同社は現在、色彩調整を専門とするX-Riteが所有しています。

マンセルカラーシステムは、今日でも色彩教育の基礎であり、CIELABを含む現代のカラーシステムの基礎です。

イッテン

ヨハネス・イッテンは、シュヴルールが述べた同時対比の原理を解説したスイス生まれの芸術家・芸術教育者でした。

彼は個々の芸術的表現を尊重し、色彩調和に関する授業を行っているときに、学生たちが自分らしさを示す色、線、向きを選んでいることに気づきました。

それによって彼は「主観的な色」の概念を定式化させました。

 
イッテンは、1961年の著書 「The Art of Color」で、色彩芸術を理解するための2つの異なるアプローチ、主観的感情と客観的色彩原理を検討しました。

それは「主観的な色」を「人のオーラ」と表現し、芸術家が主観的な色を表現する方法や例を示しました。

 
ハイコントラストのブルネットの髪の女性は暗い(濃い)色とハイコントラストを選び、生き生きとした集中的なパーソナリティーと強い感情を表現する

 
さらに、イッテンはこれらの主観的な色を春、夏、秋、冬の4つの季節に結び付けました。

これがシーズンカラー分析の基礎となりました。

イッテンは本の中で、すべての女性は自身の色を知っているべきで、それらは彼女らの主観的な色と補完物となるでしょう、と述べました。

イッテンは、「主観的な色」は「客観的な色」(高次の色の調和)よりも芸術的価値および重要性が低いと考えていました。

「作曲」という著書の最後の章で、イッテンは二色以上の色を調和させて、明白で個性あふれる表現をする方法を述べました。

ドーア

ロバート・ドーアはアメリカの芸術家で、1928年にペイントカラーを青か黄色のどちらかのアンダートーンにグループ化したときの調和のとれた効果を観察しました。

1934年にシカゴで、ドーアは自身の色彩理論を使って家具デザインに取り組み始め、色彩心理学についての自身の考えを発展させました。

製造業者の繊維部門に携わった後、化粧品会社のプロのカラーコンサルタントになりました。

 
ドーアのカラーキーシステムは、個人の肌の色をキーI(クールブルーのアンダートーン)またはキーII(ウォームイエローのアンダートーン)のいずれかとして定義しました。

カラーキープログラムの各パレットには、ファンごとに170色が含まれています。

オレンジとマゼンタは、それぞれ黄色と青のトーンの色の指標です。

ドーアのカラーキープログラムはすべての人種を考慮に入れており、いかなる人種も1つのキーパレットに限定されていません。

1950年代後半にカリフォルニアに引っ越した後、1979年に亡くなるまで、カラーキープログラムについて講義をしました。

ケイギル

スーザン・ケイギルは、アメリカのファッションデザイナーで、カラー分析のケイゲルメソッドを開発したカラー理論家です。

帽子製作者、詩人、ドレスデザイナー、ナイトクラブのシンガーであるケイゲルは、1945年に色に注目し、クライアントのための個々のスタイルガイドとカラーパレットの作成とデザインセミナーの開催に残りの人生を費やしました。

ケイギルは、ワードローブのデザイナーであり、ハリウッドのスタジオやスターのコンサルタントであるエディス・ヘッドとの関係に影響されていたかもしれません。

 
1950年代に、ケイギルはファッションと人間関係に関する自己改善テレビ番組「Living With Suzanne」で主演し、スタイル、パーソナリティ、ライン、色に関するセミナーを始めました。

1970年代後半から80年代にかけて、多くの支持者が彼女のセミナーに参加し、パーソナリティスタイルと色彩分析の理論を取り入れ、普及させました。

 
1980年に、彼女は「Color: the Essence of You」を出版し、Academy of Colorを設立しました。

この本で、ケイギルは各シーズンタイプ内の広範囲のサブグループを識別し、それらに独自の特性を持つ「Early Spring」、「Metallic Autumn」、「Dynamic Winter」などのわかりやすい名前を付けました。

ケイギルは、スタイル、色、パーソナリティの間の基本的なつながりを信じていました。

スキントーンのシーズンタイプ

1970年代から、高品質で正確で安価なカラー印刷が可能になったことで、スキントーンや衣服の色を正確に再現することができる大衆市場向けの本を初めて製作することが可能になりました。

その結果、どのような色が自分をより健康的で、セクシーで、力強く見せるのか、について書かれた本が数多く出版されました。

これらの本の著者は皆、おおよそ同様のアイデアを提示しています。

たとえば、ほとんどの著者が次の基本的な点に同意します。

 
ほとんどのアイデアは、調和のとれた色で構成される季節名前が付けられた4つのグループを使用します

 
季節は、ある程度、任意です。

ある人が同時に2つのタイプの属することがあります。

しかし、キャロル・ジャクソンは「テストを行えば、一方のパレットが他方のパレットよりもより調和していることが証明されるであろう」と言っています。

キャロル・ジャクソンはまた、タイプへの季節名の付与は便利な人工物に過ぎないことを認めています。

「私たちはある人の彩色を「タイプA」、「タイプB」などと呼ぶことができますが、季節名の付与は、あなたの彩色とあなたの最高の色を説明するためのより詩的な方法を提供します。」

 
個人の基本的な色のタイプ、またはシーズンは、生涯を通じて同じままであり、日焼けなどによって変わるものではありません。

瞳や髪の色ではなく、肌の色が人の季節タイプを決定します。

バーニス・ケントナーは、「忘れないで、あなたの季節タイプを見つけるのに髪の色に頼らないでください。」と警告しています。

パーソナルカラーシーズン分析の進展

デボラ・チェイス「The Medically Based No Nonsense Beauty Book」(1975)

チェイスは、肌の色素が着色に与える影響を調べました。

 
メラニンは肌に褐色のトーンを与え、カロチンは黄色/オレンジのトーンを与え、ヘモグロビンは肌に赤みのある色素を与えます。

メラニン、カロチン、ヘモグロビンの3つの色素が互いに結合して、肌の色合いを作り出します。

バーニス・ケントナー「Color Me a Season」(1978)

1950年からコスメトロジスト(化粧品の専門家)として働いていたケントナーは、1970年代初頭にカラー分析に関する講義を始め、1978年には「Color Me a Season」を発表しました。

シュヴルールとケイギルのように、ケントナーはインテリアの芸術から自身のアイデアを引き出しました。

彼女は書きました

 
目を楽しませるためにインテリアの色を調整することは可能です。

それは人の体も同じです。

体そのものが衣服などの色の背景です。

私たちの体がどのような配色になっているかを調べましょう。部屋の壁と同じように、肌の色を理解しなければなりません。

 
ケントナーはまた、個人の「主観的な色」を4シーズンのうちの一つに結び付けたヨハネス・イッテンのアイデアを取り入れました。

ケントナーは、カラー分析を開始するベースとなるのは、髪や瞳の色ではなく肌の色であることを強調しています。

人の肌の色によって、その人をいずれのシーズンタイプに分類するかが決まります。

これは混乱を招く可能性があります。

なぜなら、髪の色が観察者の目にとまる最初のものになる可能性があるからです。

 
あるタイプのパレットの色が(特定の人の)肌の色に最もよく合うとしても、その人の髪の色によっては別のシーズンタイプのように見えるかもしれません。

髪や瞳の色は、衣服や化粧品の色の選択の魅力を高め、他の選択を除外するのに役立ちますが、そのような選択はすべて、肌のトーンに合ったシーズンタイプのパレット内から行う必要があります。

 
ウィンター

クール、ローズのアンダートーン

白だが、サマータイプより少し暗い

バラ色の頬はウィンタータイプには自然に現れない

 
サマー

主な肌の特徴

非常に明るい

透き通った肌

きめ細かい

表面には表れないローズやライラックのアンダートーン

赤らむ傾向がない

サマータイプの全体的な外観は無色

 
スプリング

主な肌の特徴

ゴールドトーンの明るい琥珀色

簡単に赤らむ傾向がある(ローズ)

快活な外観を持つスキントーン

全体的な外観は春の輝き

 
オータム

主な肌の特徴

ゴールド・イエローのアンダートーン

スプリングタイプよりもゴールドやオレンジのトーンが強い

スーザン・ケイギルメソッド

このシステムで訓練されたアナリストは、さまざまな手がかりを明らかにする対面インタビューによってタイプを判断します。

最も重要な指標は、肌、髪、瞳の色、光、質感、模様です。

質感、色のコントラストレベル、動きのパターン、そして顔や体の特徴は、基本的なシーズンタイプとサブグループを決定するのに役立つ二次的な指標です。

色彩心理学

色彩分析の拡張である色心理学は、色彩分析と組み合わせて使用される有用なツールです。

実際には、色の心理的な意味合いは、顔の色・鏡の中の結果への影響(物理的影響)とは関係ありません。

色の両方の影響 – あなたの外見に及ぼす物理的な影響と、人が世界に映し出す独特のペルソナに与える影響 – を考慮する必要があります。

スプリング

スプリングカラーは、春の日の色と同じように、鮮やかです。

太陽は地平線上では低く、すべてが太陽の黄金色に染まっています。

木々や芝生はまだ成熟していないので、黄色いアンダートーンで、鮮やかな春の緑色です。

独特のイエローのアンダートーンは、すべてに活気に満ちた外観を与えます。

このシーズンの色は、鮮やかな春の緑豊かな葉に包まれた春の花束のようなものです。

赤・オレンジ・コーラルのチューリップ、鮮やかな黄色の水仙

サマー

サマーカラーは青いアンダートーンで、ソフトです

夕暮れの夏の霞を通して見る風景を思い浮かべて下さい。

晩夏の花、泡立った海、白いビーチが至る所に見られます。

ベイビーブルー、スレートブルー、ペリウィンクル、パウダーピンク、シーフォームグリーン、スレートグレーは夏の典型的な色です。

オータム

オータムカラーは、実際の秋の豊かな色と事実上区別がつきません。

オータムカラーは秋の日のように黄金色です、そしてそれを他の季節と間違えることは不可能です。

パレットの典型的な色は、カボチャ、マスタードイエロー、濃いオレンジ、ブラウン、キャメル、ベージュ、アボカドグリーン、さび色、ティールなどです。

オータムカラーは暖かさと安心感をもたらすので、人気があります。

ミレーの絵は秋の色を象徴しています。

ウィンター

ウィンターカラーは、冬の日のように、鮮やかでアイシーです

常に微妙なブルーのアンダートーンを持ちます。

いくつか例を挙げると、ホリーレッド、エメラルド、エバーグリーン、ロイヤルブルー、マゼンタ、バイオレットです。

冬は、冬の果実、松の緑の針葉樹、雪の中を走る白黒のハスキーのイメージに影響を与えます。

未分類

Posted by colory