パーソナルスタイル:INFP

INFPスタイルの基本は、強力な内的価値観によって人生を生き、必要なものを取捨選択しバランスを取ることです。

INFPの価値観は常識に捕らわれないことが多く、また他者から何を期待されているかについてあまり関心を持たない可能性があります。

これは特に、ある状況で着るべき服装の基準がINFPの価値観に反する場合は、非常に興味深いものです。

この場合、INFPの価値観が多少の困難に直面し、自分に合わない環境に溶け込もうと努めるかもしれません。

 
INFPにとって、自分自身に誠実であることはとても重要です。

彼女らの世界全体は価値観と目的に基づいており、その結果、静かでありながら強く誠実である基準とパーソナリティを生み出します。

スタイル的には、これによりINFPは外観に対して、他人にとっては意味を持たない選択をするかもしれません。

スタイルのインスピレーション

スタイルを価値ある追求や情熱として受け入れているINFPは、豊富なインスピレーションによって外観を装います。

彼女はインスピレーションを求めます。

彼女はインスピレーションです。

彼女は周囲・自身の内部にインスピレーションを見ます。

 
他人のスタイルを評価しても、他人のスタイルをそのまま真似することはありません。

インスピレーションを受けたINFPのスタイルは、珍しい外観を持つかもしれません。

INFPはユニーク

INFPはユニークなことに慣れているだけでなく、しばしばユニークさを必要とします。

彼女らの人生の他の面で創造的であるためには、彼女らのスタイルは何らかの形で創造的でなければなりません。

彼女らのスタイルには、想像力豊かで独創的な要素があります。

それは常識、あるいは信念さえも無視する場合があります。

それは楽しいかもしれません、軽薄かもしれません、素晴らしいかもしれません・・・

それが何であれ、INFPはショッピングモールで流行の服を買うことはないでしょう。

自由なINFPスタイル

可能性を求めるNFタイプとして、INFPは選択肢を開いたままにしておきます。

ドアを開いたままにしておくと、どんな素晴らしい機会が現れるかを知っていますか?

 
スタイル的には、これによって自由な外観を装うことができます。

しかし、これを支えるのは、強力で一貫性のある内的価値観・なくてはならない一致です。

INFPは時に気まぐれに見えるかもしれませんが、強い意志を持っています。

特徴

自身のスタイルの決定に影響とインスピレーションを与える強い個人的価値観を持つ

スタイルは、自身に誠実であるために不可欠で、しかし微妙なニュアンスを持つものの一部

 
ユニークで、他人とは異なるアイテムを見つけることでインスピレーションを得る

流行にあまり関心がなく、社会的基準を気にしない

 
スタイルを、単に「自分を表すもの」ではなく、自分がどう感じているか、達成したいこと・創造したいことを表すものと考えている

 
整った外観よりも、自分が正しいと感じることを優先する(その結果、普通ではない外観になるかもしれない)

自分の感情のため・感情的に達成したいことのために服装を選ぶ

取捨選択的スタイリスト

多くのINFPにとってスタイルは、色・形・態度によって、世界の中で彼女ら自身を表すものです。

彼女らのスタイルは真正さと快適性に関連しています。

彼女らの心に訴えかける服は、ある意味で少し他と違い、時にユニークです。

 
「あなたが私の服をばかげていると思っていても、私にとっては他人がどう思うかは関係ありません。見栄えがよければ変わった色を組み合わせることもできます。私が着ている色は私に合った色です。私は自分に合った方法で外観をまとめます。私は通常のルールを気にしません。職場でさえ、他人がどう思うか気にしません。」

 
INFPはその内的価値観のために、全タイプの中で最もユニークであると考えられています。

彼女らの価値観は人によって異なるため、各INFPの表現方法は異なります。

理想主義的なINFPは、世界の変化の触媒となり、周りの世界の改善に関心を持ちます。

適応性・順応性があり、思慮深く、自身の原則に誠実なINFPは、意味と真実を探求しています。

心の中のアーティストと話す

INFPの場合、自身に訴えかける普通でない・芸術的な・創造的な何かに出会うと、自身のスタイルの発見が人生の早い段階で始まります。

具体的に「何に」惹かれたのかは分からないけど興味がそそられるものがあるでしょう。

INFPは探求することに惹かれます。

価値観による駆動

INFPは自身を動かす内的価値観が強いため、スタイルは自己表現の形であり、彼女らが他人にどんな印象を与えているのかはあまり考慮しません。

正式な服装が必要ない職場であれば、彼女らのユニークなスタイルが問題にならないでしょう。

ただし、一部の環境では、INFPスタイルが問題になることがあります。

自身に真正であり続け、独自の表現をしつつ、企業の規定にあった服装を見るけることで、INFPはスタイルの扉を開く鍵を見つけ、重要な地位を獲得することができるでしょう。

異なるものを認める

他人が欠点のみに目がいく時に、INFPはしばしば肯定的な部分を見つけます。

スタイルアイテムの長所に集中できる能力により、INFPは他人が不要と思ったアイテムを使用して、何らかの形で機能するオリジナルの外観を装うことができます。

節約的なショッピングアプローチと組み合わせると、時間を節約し、簡単に模倣できない独自性のある外観を作成できるでしょう。

一般的なファッションではない

一部のINFPは、ファッションワールドを積極的に避け、また大量生産品には魅力的感じないと報告しています。

また、ファッションに関して保持している価値観によって、一般的に売られている服を良いと思わないことも多いかもしれません。

彼女らは、自身のスタイルに合わない服に不快感を覚え、自分のスタイルが何であるかを深く理解していると報告しています。

自身に合った服やアイテムを身に付けると、「正しい」と感じます。

機能性と美しさのバランス

INFPは理想主義によって、外観を装うまたは維持するための実用的な考慮事項を見落とす可能性があります。

実用性と機能性のバランスを取るために時間をかけることで、最も独創的で取捨選択的なアンサンブルでさえ、実用性を持つことができます。

メンテナンスを念頭に置いてスタイルを選択する

INFPはスタイルへのアプローチに関して逆説的に見える場合があります。

彼女らは、自分らしさを世界に伝えるため、自身に真正である外観を表現することに費やすことができます。

しかし、彼女らは自分のスタイルを維持することの細部にはあまり注意していません。

 
INFPは一般的に、日常のありふれた詳細・雑務についてはあまり関心がなく、これは、スタイルに対しても同じです。

スタイルの決定は重要と考えても、服の洗濯などにお金や時間を費やすことはあまりしません。

スタイルへの適切さ

転換点は、自身のワードローブが時間を使いすぎていることを認識すること、また衣服に関する自身の最小主義が、人々がINFPの支持している他の価値観を見ることを妨げていることを認識することです。

INFPは、スタイリッシュな友人やキュレーションされたスタイルのアドバイスの恩恵を受けることができ、自分のスタイルと自分自身に真正であり続け、メッセージをできるだけ効果的に伝えることができます。

INFPスタイルの長所

INFPは非常に高い基準を持ち、重要な問題に対して完璧主義的になることがあります。

この理想主義の傾向は、INFPがスタイルに関してユニークな自己・自分らしさを世界に表現することに集中できることを意味します。

INFPスタイルは良い場合、取捨選択的で、芸術的で、非常に解釈的(深い意味を持つ)です。

未分類

Posted by colory