パーソナルスタイル:INFJ

INFJはスタイルを含む多くの点で独自性を求めます。

彼女らは控えめな性質と優れた洞察を組み合わせます、また自身のアイデアに気づいてほしいと思っています。

洞察

INFJは自分の心の中にビジョンを抱いています。

このビジョンは世界(NFタイプは一般的に人類全体を気にかけています)・自身のプロジェクト・または彼女ら自身のためのものかもしれません。

INFJは最もスタイリッシュな自分がどう見えるか、どう見えるべきかを非常にはっきりと理解しています。

この内的洞察は、INFJが真正な自己を感じるために不可欠な部分として、信頼され・採用されるべきものです。

ルールは重要

INFJはルールを好みますが、それは古いタイプのルールではありません。

それは、自ら選んだ境界線であり、彼女らが学んだスタイルの原則です。

多くの場合、苦労した試行錯誤の結果かもしれません。

光沢のある生地・黄色・耳障りなイヤリングは避ける、などのルールです。

これらはINFJが設定した無限の数のスタイル境界のほんの数例にすぎません。

快適さの要因

INFJは単に良いと感じるものを身に付け、そうでないものは身に付けません。

これは、布地などのスタイルアイテムに現れる場合があります。

肌触りの良い生地、邪魔にならないアクセサリー、履き心地の良い靴・・・

快適さは心理的なもの・アンサンブルがどのように「感じる」のか、にまで適用されます。

独自性

INFJは独自性を追求する唯一タイプではありません。

INFJには、異なるものや、外観で独自性を表現することを好みます。

希少な石で作られたネックレスや、アシンメトリーカットなど、INFJは他の人が行わないような方法で、自身の外観について独自性を求めます。

絶妙なスタイリスト:INFJ

多くのINFJにとってスタイルとは、外界と交流する際の自分自身を表現する方法です。

INFJは望まぬ理由で他人の注意を引きたくないと思っており、彼女らにとってスタイルを正しくすることは、正しい印象を与える服装を意味します。

INFJが状況に相応しい服装であれば、家族・友人・クライアント・同僚、誰であっても彼女らに誠実さを感じ、彼女らの考えの価値を認めるでしょう。

 
「雑誌・Pinterest・お店のマネキン・同僚からインスピレーションを得て、表現することが大好きです。ただし、それは自身の視覚的なペルソナに合致している必要があります。流行りの服だから、というだけでその服を着たりはしません。
私は自分のクローゼットに完全性を感じたいのです。服の多さよりも質が大切です。」

 
INFJはアイデアの人です。

彼女らは豊かな内的世界を持ち、深く神秘的で、一人の時間を大切にします。

INFJは理解されるのが難しく、通常、少数の親しい友人を持ちますが、多くの知り合いを持つ場合もあります。

彼女らはパターンとつながりを想像し、暗黙的に自身の直感を信じています。

繊細で有能なINFJは、自身に有益でない状況を避け、信じているプロジェクトや人々にの才能を捧げます。

スタイルの学習

INFJの場合、自身のタイルを見つけることは継続的なプロセスであり、それは「スタイルを正しくすることでアイデアを正しく伝えるられる」ということを理解した時点から始まります。

INFJは深く創造的ですが、多くの場合、すべてのアイデアを表現するのに苦労します。

自分のスタイルの本質を理解し、スタイルの表現を学ぶことは、扉を開く鍵であることに気づくでしょう。

スタイル構造と独自性のバランス

独自性への意欲はINFJを目立たせ、その意欲がスタイルに関係すると、それは有益となる一方、障害になるかもしれません。

スタイルがどのように機能するか、それがどのように自身に機能するかを学べば、真正で効果的な方法で独自性を表現できます。

それらを安全に保つスタイル構造や規則がないと、彼女らのスタイルは独特すぎるものになったり、予測不可能な領域へ蛇行する可能性があります。

専門家から情報を得る

スタイルの領域ではさまざまなソースからアイデアが浮かび、またスタイリッシュな友人やプロのアドバイザーなど、信頼できる情報に頼っていると一部のINFJが報告しています。

パーソナルスタイルルールを策定する

INFJは内部世界(豊かですべてを網羅する空間)で起こっていることに夢中になるため、現実を見誤ることがあります。

スタイル作成の障害になる可能性があるため、INFJスタイルを美しく機能させる・個人にあったスタイルルールを策定するのが良いでしょう。

スタイルルールは継続的なプロセスと見なすことができ、それはスタイルの旅の新しい場面ごとに、何が良く機能するのかを通知します。

INFJにとって最適なスタイルルールは、個人的・自己選択的・特定のものであり、試行錯誤に基づいている必要があります。

INFJはそれほど多くのエネルギーと時間を使わずとも、自身のスタイルが正しい軌道に乗っていると確信できるでしょう。

そして、時間と才能を他のものに使う余裕を持てるでしょう。

アイデアを広める

ターニングポイントは、スタイルが邪魔になり、アイデアに耳を傾けてもらえないことがあるということを認識することです。

専門家として十分な基準を満たしていないか、一貫性があまりないため、望むほど真剣に受け止めてもらえないかもしれません。

適切な専門家のサポート、情報、ツール、一連のルールにより、INFJは自身にとって本当に重要なもの、つまりプロジェクト、アイデア、選択した分野への貢献に十分注意を払うことがでるようになります。

どこまで到達したかを認識する

INFJはスタイルの旅のどこにいても、スタイル向上の努力をよく行うタイプの1つです。

しかし、すでに旅をした距離や自分がスタイルについてどれだけ理解しているかを認識するのに苦労するかもしれません。

ストレスを減らし精神を高めるために、一歩下がり、スタイルの旅がどのくらい進んでいるかに注意し、自身のスタイルを祝うことをお勧めします。

自身のスタイルの直感を信頼する

INFJはしばしば、自分のスタイルに関する直感が、正しいスタイルの選択へ導いたと報告しています。

彼女らはどのように洞察を得たのか、なぜそれが正しい(または間違っている)アイテムだと思ったのか説明ができないかもしれませんが、自身の直感が自身の味方だということを理解するでしょう。

この誘導灯がないと、彼女は自分のスタイルが正しいかどうかわかりません。

共感的な友人や洞察力のある専門家からの情報と直感を組み合わせることで、INFJは絶妙なスタイルを見つけて維持することができます。

要約

INFJは自身の絶妙な創造性と信頼している直感を使用し、神秘的でありながら強力な方法でスタイルを機能させます。

INFJは最も良い場合、絶妙で神秘的なスタイルを持ちます。

未分類

Posted by colory