パーソナルスタイル:ESFP

実践的で陽気で自発的なESFPは、楽観的な見方をします。

ESFPは周りを楽しませ、本質的なエネルギーと生き生きとした喜びを他の人に伝搬します。

彼女らのスタイルの強みは非常に素晴らしいものです。

遊び心と実用主義

他のSPタイプも同様に実用主義的ですが、ESFPは自身の人生やスタイルに独特の遊び心をもたらします。

ESFPの陽気ですが、浮ついてはいません。

魅力的であり、不自然に誇張したり自慢したりすることはありません。

ESFPの動きには非常に身体的なものがあり、肌がとても快適です。

これは体に衣服を着る方法に滲出します。

それは動く詩です。

楽しさのための実験

ESFPにとってスタイルは、設定したらすぐ忘れるものではありません。

ESFPはスタイルを見つけて、着て、スタイルを整え、完全に変化させ、大いに楽しむという継続的なプロセスが大好きです。

スタイルは真剣な取り組みではありません。

スタイルで生計を立てている人でさえ、それに遊び心をもたらします。

ESFPは特にスタイルに遊び心を取り入れ、上手くまとめるでしょう。

衣服の常識

ESFPには他の多くのタイプにはないスタイルの才能があります。

確かに、服とアクセサリーは美しいものでなければなりませんが、それだけでは十分ではありません。

すべてのアイテムが機能し、着用可能で、着心地が良くなければなりません。

ESFPはスタイルに着心地・快適さをもたらすことに優れます。

見られるのは幸せ

ESFPは自分自身に注意を引くことを喜びます。

他の外向的タイプもこのように感じることがあります。

ESFPは肯定的な注目を集める珍しい着こなしをすることを楽しみます。

他の外向的タイプはそういった外観に気付かれたくないかもしれませんが、ESFPは本当にそれを喜びます。

快活なスタイリスト:ESFP

ESFPにとってスタイルとは、主に衣服によって自身をどのように表現するかに関するものですが、それは万能の「一体感」です。

彼女らは自身をスタイリッシュだと思わないかもしれません。

快適さへの必要性はしばしば彼女らを最新のファッションではなくカジュアルな領域に導きますが、彼女らのスタイルと生き生きとした感覚はしばしば賞賛されます。

 
「さまざまなことを試して、好きなものを見て、自分に似合うものを見付けて下さい。 観察し、観察し、観察しましょう。
試すことができるトレンドやユニークで大胆なテーマに常に注目してください。
私はブランドには大きく影響されないので、あまり費用がかかりません。
より高価ないくつかのものだけでなく、より多くのオプションが必要な場合は、所有しているもので工夫しましょう。」
 

ESFPは楽しいことを愛し、多くの活動、特に人を中心にとした活動に参加するのが大好きです。

彼女らは楽観的で自発的で、新しい経験に興奮します。

ESFPは理論的な概念にあまり興味がなく、実践的かつ実用的で、オープンで柔軟な方法で物事を進めることができるときに最高になります。

ESFPは過度に構造化・ルーチン化された環境(自発性を殺す)をあまり好まず、人生のすべての経験を楽しみます。

スタイルとは自身が愛するもの

ESFPの場合、自分のスタイルを見つけることは周りの人が着ているものではなく、自分が本当に好きなものを見つけることから始まります。

自身のスタイルを発見するということは簡単に聞こえるかもしれませんが、ESFPのように自身の環境とそこにいる人に適応している場合、本物のスタイルの道を開始する前にクリアする必要があるハードルが高くなる可能性があります。

実験して遊ぶ!

ESFPは多くの場合、服やスタイルを色々試すことを楽しみます。

ESFPは新しさや興味をもったことによって生き生きとし、楽しさを愛する彼女ら性質はスタイルを定義して表現することに有益です。

物事を変えることは、ESFPが衣装の作成に役立つ特別なスキルであり、常に実用的な表現方法です。

陽気で、多少移り気なことは常に良いことです!

ある程度の構造を加える

ESFPが、遊ぶ余地があるけどまとまって見えるスタイルの構造を学ぶと、彼女らは自身のスタイルが大事にされていることを知り、彼女らにとって重要なものに従事し、実験し、祝うことができる世界への鍵を与えられます。

快適さ

ESFPは快さを強く求めるため、彼女らのスタイルはプロフェッショナリズムや洗練さが損なわれるほどになるかもしれません。

よって、特に仕事に関係する場合、実用性への必要性と少し洗練されたプロフェッショナリズムのバランスを取ることが重要です。

シンプルさ

多くのESFPは自身が好きなものや必要なものを知っています。

彼女らは、通常は身に着けないものを身に着けている場合、自分らしくないと感じます。

スタイルはシンプルである必要があり、ESFPにとっては自身が演じようとしているキャラクターではなく、自分らしく見えることが重要です。

ESFPは、彼女が見せるものに満足したいと思っており、自分らしさを表現する服を着たいと考えています。

ESFPには美しさに対する強い感覚があり、構築し続ける必要のある「自然なスタイル」を持ちます。

ESFPは自身の本能を信頼し、自身の美しい快活さを輝かせるのが良いでしょう。

遊び心と洗練性

ターニングポイントは、周囲の人が身に着けているものを着るのではなく、仕事などの重要な目標を達成するために積極的に洗練された外観が培われるようにスタイルを選択することです。

最高のスタイルの決定をするために多少の情報とガイダンスを持つと、ESFPはスタイルの楽しさを経験することと、スタイルを洗練されることのバランスを取ることができるようになります。

まとめ

ESFPは簡単にスタイリングをし、自身の本能を信頼して、楽しいスタイル表現を作成します。

ESFPが最高の場合、快活なスタイルを持ちます。

未分類

Posted by colory