パーソナルスタイル:ESTJ

ESTJは、人・プロセス・プロジェクトを非常に効率的に担当し、動員します。

すべてのタイプの中で最も生産的なタイプの1つであるESTJは、時間内で適切に完了させるべき一連の重要なタスクに直面したときに幸せになります。

スマートで適切

ESTJは他のSJタイプと同様に、期待されるもの、適切なもの、絶対に正しいものに調和しています。

あるESTJはイベントに出たときに自身の服装が不適切だと判明してとても後悔しました。

いくつかの高級レストランが神聖な敷地に入るのに、Tシャツではなくジャケットの着用が必要であることと同じです。

客観的かつ実用的

他の思考タイプ(Tタイプ)と同様に、ESTJは客観的で、他の感覚タイプ(Sタイプ)と同様に非常に実用的です。

ESTJはスタイルに熱中する能力を持ちます。

彼女らはスタイルを、求める結果を追求するうえで必要かつ有用なデバイスであると考えます。

核心

他の感覚タイプ(Sタイプ)は物事の詳細に優れますが、ESTJは内向的感覚(Si)を外向的思考(Te)と組み合わせることで特にデータの扱いに優れます。

彼女らは服を着て、洗練されたペルソナを世界に提示するために必要な特定の実用的な情報を収集し、ファイルし、参照します。

彼女らのクローゼットもおそらく目に見えるシステムを使用してよく組織されているでしょう。

完璧さ

やりすぎや誇張はESTJのアプローチの一部になることはありません。

これはスタイルにおいても同じです。

彼女らは必ずしも控えめではなく、スタイルへのアプローチのバランスが取れています。

配色はコントラストが低く、色自体はより控えめで、絶妙で、ニュートラルゾーンにある色でしょう。

高品質でクラシックな素材のアクセサリー、金・銀・真珠などを考えてください。

全体的な外観は快適性を持ち、ESTJ自身を圧倒することはありません。

彼女らがしていること、言っていること、彼女らの本質、これらは彼女らが身に着けているものよりもはるかに重要です。

効率的なスタイリスト:ESTJ

ESTJにとってスタイルとは、自身に非常にフィットするファッションセンスです。

それは外の世界に自分自身を描く方法、自分自身をパターン化する方法です。

 
「私にとって最も重要なことは、服装が適切であることです。
服装が不適切だと思う場合は、地面に穴を開けてそこから抜け出したいと思います。 私は常に適切になりたいです。
私が適切に服を着ていない場合、皆に謝罪したいと思います。立ち去るのは失礼だからしませんが、私は不快に感じるでしょう。」

 
ESTJは人とプロジェクトの動員に優れます。

彼女らは秩序と効率を重視し、健全な論理・関連する過去の経験、物事の最良かつ論理的な方法に基づいて確立された伝統・規約・手順の支持者です。

ESTJは関与するすべての物事の結果に自身を費やし、勢い・安定性・秩序をもたらします。

スタイルはリソースとツール

ESTJにとってスタイルの旅は、人生と仕事で前進するために受け入れらるものの一部です。

スタイルとイメージの問題、個人的な表現が重要であり、適切であることがすべてです。

ESTJは通常、自身のスタイルに注意を払うことで十分なサービスを提供できるという考えを持っていますが、通常はあまりスタイルに興味を持たず、過度の時間を費やすこともありません。

彼女らは自分のスタイルによって自身を洗練されているように見せたいと思っています。

スタイルルールを学ぶ

ESTJは既存の手順・規約・規則を、それらが論理的かつ合理的であることが証明されている場合に重視します。

ESTJは信頼でき、快適さ感じられ、最も大切なスタイルの価値を維持するためのツールとなるスタイルルールを見つけると良いでしょう。

快適さが重要

多くのESTJは、快適さに関してはファッションの奴隷ではないとを報告しています。

例えば靴は、見た目の良さだけでなく快適でなければなりません。

彼女らは衣服によって不快な思いをしないために、体に心地よいものが必要です。

働けないと成績を上げられません、彼女らは着ているものに煩わされずタスクを実行したいのです。

効率的な実行可能なスタイルシステムの発見

ESTJは独自性にあまり関心がなく、信頼できる実用的なスタイルシステムを見つけることに関心を持ちます。

自分に合ったスタイルアプローチを採用し、同様のアイテムを購入して着用し続けるなど、同じプロセスを繰り返します。

適切に働くことがわかっているためです。

これは効率性と秩序を重視し、詳細な行動計画でのタスクを楽しむESTJにとって、真のスタイルの強みになります。

ESTJは自身のスタイルの重要な側面(ワードローブの整理、日中の服装、洗濯/メンテナンスなど)を整理・体系化するときに最高になります。

障害とストレスの可能性を減らす

ESTJは物事があまりにも長く混乱し、あいまいさが多すぎると、プレッシャーや少しの不安さえ感じます。

ESTJは選択肢を閉じ、決定して先に進む必要性があるため、適切なスタイルの決定を下すために十分選択肢を検討することと、この収束性(決定を下すこと)への必要性のバランスを取ることが重要です。

買い物をするときは自分の判断を信じる

ESTJは自身の意見を他人と共有することに優れます。

これは、特にスタイルについて異なる意見を持っている他の人と買い物をするときの利点です。

ESTJが他の人と買い物をしている場合、彼女らは自分の意見が自身のスタイルの決定とアプローチに関しては他の人の意見よりも有効であることを覚えておくと良いでしょう。

ESTJは他人の意見を個人への批判と受け取るタイプではなく、彼女らは本質的に他人の意見を活用したり(時には無視したり)することに優れます。

スタイルを停滞させない

ターニングポイントは、外部のフィードバックを通じて、自身のスタイルが制限され、停滞しており、革新性に欠けていることを認識することです。

これはスタイルを最新に保ち、変化に抵抗する必要性を無視し、スタイルが「完了」していると信じることから生じます。

これは、スタイルへの継続的な注意が役立つところです。

これによって自身のスタイルを新鮮に保ち、外観を最新で洗練されたものにできるでしょう。

要約

ESTJは決定的な性質を使用してスタイルを完成させ、それを効果的・効率的に使用して、目的地に到達できるようにします。

ESTJが最高の場合、効果的で伝統的なスタイルを持ちます。

未分類

Posted by colory