肌のオーバートーンとアンダートーン

アンダートーン

あなたがウォームタイプ(春・秋タイプ)やクールタイプ(夏・冬タイプ)と診断されるとき、それはあなたの肌のアンダートーンに基づいているはずです

肌のアンダートーンは、あなたに固有の色彩を与える色素の化学的作用によって決まります

 
肌には3つの色素があります

人の彩色の美しい多様性を生み出すのは、3つの色素それぞれの量です

色素に応じて、あなたのアンダートーンはウォームタイプ(イエローベース)またはクールタイプ(ブルーベース)に分類されます

 
あなたはこの分類テストの様々な方法を聞いたことがあるかもしれません

例えば手首を見て、緑がかった静脈ならばウォームタイプ、青色がかった静脈ならばクールタイプ、といった方法です

しかし、照明、静脈の深さ、肌の透明度がすべて手首の色に反映されるため、これは必ずしも正確というわけではありません

 
さらに混乱させるのは、肌は矛盾するオーバートーンとアンダートーンを持つことがあるということです

たとえば、非常に赤みがかったオリーブ色の肌は、アンダートーンはウォームですが、ピンク(クール)に見えるかもしれません

または、日焼けしたクールタイプの肌は、ウォームカラーに見えるかもしれません!

同じ色素は肌の色だけでなく髪の色にも影響を与えますが、ブラウンとブロンドの髪はウォームとクールカラーの両方があり得るので、髪の色だけでは肌のアンダートーンを決定することはできません

 
肌のアンダートーンを意味する唯一の髪の色は赤です

赤い髪はウォームタイプです

髪と肌の両方を着色する豊富なカロチンが含まれています

オーバートーン

オーバートーンは、色から得られる「感じ(Feeling)」です

私たちは色と暖かさ・冷たさを関連付けています

人は黄色、赤、オレンジ、ピンクを暖かさに関連付けます

太陽の光、火の光、顔の赤らみを考えてください

また青、緑、紫を冷たさに関連付けます

水の流れ、木陰、雪の中で青い指

 
古典的には、黄緑、緑、青、紫などはクールカラーとされ、オレンジ、赤などはウォームカラーとされています。

 
自分のアンダートーンが分かったら、自分に合った色を選択するのが簡単になるでしょ?

必ずしもそうではありません。

 
緑色を例に取ります。

カラーホイール上では緑はクールカラーとされていますが、実際には様々な色合い、温かさ、冷たさを持った緑があります。

クールカラーである緑はクールタイプの肌に、ウォームカラーである緑はウォームタイプの肌に合います。

同じように黄緑色にも、クールカラーとウォームカラーがあります。

オリーブがウォームタイプに似合う理由は、ほとんどのオリーブはウォームカラー(イエローベース)だからです

 
ほとんどの色にはクールとウォームの両方のバリエーションがあります!

ウォームタイプなので、青い服を着ることができないわけではありません、彼女らのためにウォームカラーである青があります

 
真の白と黒はどちらもクールカラーです

アンダートーンの要素

肌のアンダートーンは主にメラニン、カロチン、ヘモグロビンの3つの色素の濃度によって決まります。

これらは真皮に見られ、組み合わさって皮膚、粘膜、目を含むすべての表面組織の色素沈着を引き起こします。

これらの物質の濃度が異常に高いと、皮膚やその他の目に見える体組織に顕著な色の変化が生じることがあり、特定の病気や皮膚の状態の診断に役立つことがあります。

メラニン

メラニンは肌のトーンに影響を与える主な要因であり、同じ人種であれば同数のメラノサイト(メラニンを生成する細胞)を持ち、皮膚のトーンの膨大な種類はこれらの細胞によって生成される色素の量によります。

メラニン生成量が低いとパールの肌を作り出し、生成量が多いと非常に黒い肌を作り出します。

メラニン生成細胞に影響を与える白斑などの状態は、肌の色の斑状の変化、または皮膚の色素沈着の完全な喪失を引き起こす可能性があります。

メラニン生成細胞は、粘膜、乳首、顔、眼の一部および四肢に豊富に見られます。

メラニンは体の細胞を紫外線によるダメージから守ります

日光にさらされると細胞のDNAを包むためにメラニン細胞は通常より多くの色素を生成します。

カロチン

カロチンはニンジン、フダンソウ、ピーマンなどの野菜や卵黄に含まれる、色鮮やかな物質です。

カロチンは黄橙色であり、皮膚細胞を酸化的損傷から保護するのを助ける強力な抗酸化剤です。

それは体内でビタミンAに変換され、視力と肌の健康に不可欠です。

過剰なカロチンを摂取した場合、鼻の周りや皮脂分泌物が不要なカロチンを排泄するために使用されるため、目の中に黄色い残渣が発生することがあります。

デトックスのために推薦されるジュースファストのような過度にカロチンの摂取量が高い食事療法は、肝臓の機能不全から黄疸と間違われることがある皮膚と目の黄変を引き起こすかもしれません。

ヘモグロビン

ヘモグロビンは血液中の酸素を運ぶ分子であり、それによって皮膚を赤みがかったピンク色にします。

ヘモグロビンが肺から十分な酸素を摂取して体の周りに運んでいない場合、皮膚は青みがかった色、褐色、灰色に見えることがあります。

このようにして、自然に健康な肌は、循環および呼吸器の健康ならびに実際の皮膚細胞の健康に関係しています。

未分類

Posted by colory